2017年08月20日

裏の組織

早期リタイアした人、したい人は組織が嫌いだろう。
好きなら会社という世間通りのいい組織を捨てるはずがない。

宗教や左翼も組織活動であるから、同様に早期リタイア者が好むところではない。
会社が世間に通用する表の組織であれば、宗教や左翼は裏の組織ということができる。
表の組織で満たされなかった人が表の組織に属しながら、一生懸命裏の組織活動をしているという図式だ。

宗教や左翼は双子のように似た組織であるが、老齢化、衰退化が進んでいるのも共通である。
ともに戦後から高度成長の混乱期に発展したものであり、現在では完全に役割を終えている。

社会が安定し、豊かになれば、面倒な人間関係は敬遠される。
要は核家族化、個人化が進んでいくのである。
人間関係は金を稼ぐための表の組織である会社だけで充分、裏の組織などいらないという感じだろう。

地方でも左翼ビラを配っているグループを見かけるが、老人ばかりである。
イデオロギーで集ったというより、昔からのサークル活動という感じだ。
暑い中、老体に鞭打って街頭に立つのはキツい。
しかし、彼らにとっては長年染みついた組織活動を止めて仲間外れにされるのが何より苦痛なんだろう。

posted by なすび at 12:17| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする