2017年08月15日

「利害」と「情報」について

世の中、様々な意見があると言われているが、本質的には、それほど多様な意見があるとは思えない。
にも拘らず、なぜ様々な意見が存在するかといえば、人それぞれ「利害」と「情報」が違うからだろう。

金持の老人はデフレを望む。
もう収入はないし、資産価値が下がらないからである。
一方で、ローンのある若者はインフレを望む。
収入は増えるし、実質の借金が減るからである。
これは「利害」の違いだ。

地上波しか観ない人は安倍政権や戦前の日本にネガティブな印象を持ちやすい。
地上波では、そういう放送しかしないからである。
一方で、ネットで情報を収集する人はそうでもない。
彼らの良かった部分も放送するからである。
これは「情報」の違いだ。

私は現在の日本人が同じ「利害」と「情報」を持っていれば、ほぼ同じ意見に集約すると思う。
日本人は馬鹿ではないし、ほぼ同質な気がするからだ。

その証拠がブログ村の政治カテゴリだ。
政治ブログなど政治に関心がある(政治「情報」を持っている)人しか書かない。

そこでは、一部の極左と多数の中道しか存在しない。
それ以外は全くない。
それぞれは真逆だが、極左は極左で同じ考え、中道は中道で違いがない。
政治思想は様々と言いながら、結局、日本には二つしかイデオロギーは存在しないのである。

それでは、なぜ二つに分かれるのか・・・。
一度、政治カテゴリを閲覧していただければ明確だが、極左のブログは共産党のプロパガンダ誌と同じ内容である。
組織に属していれば、組織活動をしないと叱られる。
結局は「利害」の違いと言うべきだろう。

posted by なすび at 11:24| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする