2017年07月20日

弥生時代に思いをはせる

縄文、弥生と並列に語られるが、縄文時代が1万4千年も続いたのに、弥生時代は700年程度の長さに過ぎない。
時間でいえば、弥生は縄文の十分の一以下である。
一つの確固たる時代というより、縄文から古墳時代(卑弥呼や聖徳太子の時代)への移行期と考えたらいいのかもしれない。
近代でいえば、江戸・明治と幕末のような関係だろう。

縄文と弥生の決定的な違いは「人を殺す」ようになったかどうかだ。
縄文の遺跡では一例も見つからないが、弥生の遺跡でしばしば見られるのは「武器によって傷ついた人骨」である。
また、中国大陸から北九州を拠点に「相当数の移民」が到着したと思われる。
北九州の遺跡の人骨は当時の中国人に似ているという。
縄文時代に平和に暮していた人々が大陸の影響で内乱を始めたのが弥生時代と言えるかもしれない。

DSC_2175.jpg

こんな話をするのも、弥生時代の遺跡を見学してきたからだ。
遺跡には古代ハスも咲いていた。
大賀博士が弥生時代の遺跡から発見した種で開花させたハスだ。

ついでに、海岸に出てハマユウを見てきた。
砂浜に咲く地味な花である。

空とハマユウ。

DSC_2204.jpg

海とハマユウ。

DSC_2198.jpg


posted by なすび at 12:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする