2017年07月20日

弥生時代に思いをはせる

縄文、弥生と並列に語られるが、縄文時代が1万4千年も続いたのに、弥生時代は700年程度の長さに過ぎない。
時間でいえば、弥生は縄文の十分の一以下である。
一つの確固たる時代というより、縄文から古墳時代(卑弥呼や聖徳太子の時代)への移行期と考えたらいいのかもしれない。
近代でいえば、江戸・明治と幕末のような関係だろう。

縄文と弥生の決定的な違いは「人を殺す」ようになったかどうかだ。
縄文の遺跡では一例も見つからないが、弥生の遺跡でしばしば見られるのは「武器によって傷ついた人骨」である。
また、中国大陸から北九州を拠点に「相当数の移民」が到着したと思われる。
北九州の遺跡の人骨は当時の中国人に似ているという。
縄文時代に平和に暮していた人々が大陸の影響で内乱を始めたのが弥生時代と言えるかもしれない。

DSC_2175.jpg

こんな話をするのも、弥生時代の遺跡を見学してきたからだ。
遺跡には古代ハスも咲いていた。
大賀博士が弥生時代の遺跡から発見した種で開花させたハスだ。

ついでに、海岸に出てハマユウを見てきた。
砂浜に咲く地味な花である。

空とハマユウ。

DSC_2204.jpg

海とハマユウ。

DSC_2198.jpg


posted by なすび at 12:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

庭の昆虫(夏)

蓮の蕾が膨らんできた。
自宅で育てている蓮である。
私の家では年に一輪咲くかどうかの貴重な花だ。

DSC_2161.jpg

蕾の茎にトンボが留っていた。
ネットで調べてみるとアキアカネらしい。
もうちょっと近くで撮りたかったが逃げられた。

DSC_0161.jpg

ナガサキアゲハ。
白木蓮の葉の中で休んでいる。
なぜナガサキアゲハかといえば、シーボルトが長崎で最初に採集したからだそうだ。

DSC_01201.jpg

定番のアブラゼミ。
今も煩く鳴いている。
桜や金木犀の木が大好きである。

DSC_0207.jpg

これはカマキリ。
種類はよく分からない。
前庭のテッポウユリの花に陣取っていた。
小さいくせに元気そうである。

posted by なすび at 12:54| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ランチ+観光+温泉

相変わらず県内ドライブを続けている。
大半のところは見尽くしたから、重箱の隅を突くようなマイナーな観光だ。
それだけでは詰まらないので、最近は温泉を追加して「ランチ+観光+温泉」にした。
昼前に家を出て、まずランチ、それから観光、温泉で汗を流して帰る。

ランチはラーメンが多い。
600円前後で済む。
某市役所の食堂は日替り定食が500円だ。
ボリュームもあって普通に美味しい。
近隣に行くときは必ず利用している。
(ちなみに私の義兄は某市の出身であるが、この食堂の存在を知らなかった。)

温泉は入浴料500円前後と決めている。
民間のホテル・旅館の日帰り湯は1,000円前後だから、必然的に公共の温泉になる。
それほどサービスや湯質に変わりはない。
だったら安いほうがいいに決まっている。

先日寄った温泉は420円だったが、露天やサウナもあって大変よかった。
この写真の左側が山になっていて、ぬるい湯に浸かりながら青空と木々の緑が眺められた。
しかも冷房が効いた休憩室では冷たい麦茶が飲み放題。
弁当と本とタブレットを持って来て一日過ごしてやろうかという気になった。

35000049_1227_2.jpg

観光もやはり市営が狙い目である。
入場無料で(地方は駐車無料がデフォルト)ボランティアのおじさん・おばさんが説明してくれる。
私もおじさん・おばさんも暇だから、世間話をしながら30分以上長居する。
いい暇つぶしになる。

これだけセットにしても、一日1,500円以内で済む。
ガソリン代を1,000円(150q)見込んでも2,500円だ。
リタイア者には持って来いの遊びである。

posted by なすび at 14:52| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

蓮舫の戸籍公開について

蓮舫が戸籍を公開するようだ。
彼女には二重国籍の疑惑があったが、なかなか戸籍を開示しないので、ネット上では更なる噂も流れていた。
蓮舫は台湾と日本のハーフということになっているが、実は母親は朝鮮系の帰化人で、彼女には日本人の血が一滴も流れていないという内容だ。
今回戸籍がどの程度オープンにされるか分からないが、その程度によってはこの噂も払拭されるだろう。

いずれにしても、戸籍を公開するということは、台湾国籍は放棄され、二重国籍の問題は解消されていると考えていいだろう。
昨日今日のことではないだろうから、いま開示するなら何故もっと早く開示しなかったかという疑問は残る。
蓮舫の二重国籍問題は民進党にマイナスイメージを与え続けたのは事実である。
遅ればせながらではあるが、今回開示することは民進党にとってマイナスにはならないと思われる。

ところが、不思議なことに民進党内から今回の開示に反対の意見が出ている。
国会議員は戸籍を公開するということが慣習化すれば差別につながるというのである。
実際、民進党議員には帰化一世、二世が多いと言われている。
著名な在日ブロガーもそう言っていたから事実なんだろう。
なるほど、蓮舫が開示しなかった本当の理由はこれだったのか。
同じ党の仲間を忖度したのだ。

国会議員が出自を明らかにするのは世界の常識である。
アメリカのように帰化一世は元首になれないという国が大半だ。
当然である。
自分の国と敵対する国の帰化人が国政を動かしたら、どの国のことを思って政治を行うか分かったものではない。
帰化人は自ら出自を明らかにし、自身の行動にやましいところがないかを国民にチェックしてもらう必要がある。
そこには差別もくそもないのである。

戦後の日本はいつも世界の異端児だ。
今回をきっかけに、国会議員は戸籍を公開するということが慣習化し、日本が普通の国に近づくことを願っている。

posted by なすび at 00:14| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

山かけ蕎麦

暑くなると食欲が落ちるので、夕食は「ざる蕎麦」で済ますことが多い。
とはいえ、蕎麦だけでは寂しいので山芋をかけて「山かけ蕎麦」にする。
「山かけ」の薬味には小葱より海苔が合う気がする。

veoR4Zq0.jpg

干し蕎麦を茹でて丼に盛る。
すった山芋をかけて海苔を千切って散らす。
麺つゆをかけて食す。
それだけである。
物足りなければ「さつま揚げ」を買ってきてレンジで焙って喰ったらいいだろう。

ってな感じで、今日も「山かけ蕎麦」であった。
昼に温泉に行ったので、今夜は風呂に入らない。
ビールを飲みながらネットをして、小腹が空いたらハムかソーセージを焙って食べるつもりだ。
イメージとしては「さつま揚げ」なのだが、買い置きがないのでしかたがない。

posted by なすび at 19:31| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする