2017年05月30日

怪しい結婚相手

・帰国子女でもないのにインターナショナル・スクールに通う
・父親は河原で自殺
・そのショックで父方の祖父母も死亡
・母子家庭なのに金の掛かる学校(中学・高校・大学)を選択
・美青年コンテストに出場
・鼻を整形
・三菱UFJ銀行に入社するも3年経たず退社
・現在は法律事務所勤務

真っ当なのは最後の項目だけで、あとは怪しいことだらけである。
三菱も身辺調査が厳しいのに、よく自殺家系の子を採用したな。

もし、このようなキャリアが成り立つとしたら、母方が社会的にかなり有力な場合のみである。
その場合も、息子はお調子者のバカ息子の可能性が高い。
母方が無名の場合は成り立たない。
そのときは相当ダークな香りがする。

知り合いに適齢期の娘がいて、結婚相手がこんなキャリアなら即反対する。
将来、酷いことになるのは目に見えているからだ。
もちろん高貴な家の娘さんであれば尚一層だ。

posted by なすび at 12:59| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする