2017年05月27日

韓国について

ソウル・オリンピックが開かれたのは1988年である。
当時一番付き合いのあった友人がオリンピックを観に初めて海外(ソウル)に行ったのでよく憶えている。
普通のホテルが足りなくて、彼はラブホに泊められたらしい。
彼はソウルによい印象は持たなかった。

オリンピック以前の韓国は一般の日本人にとって「近くて遠い国」で、ほとんど印象にない国であった。
もちろんマスメディアも韓国の話題を報じることはなかった。
当時の日本人にとって韓国など眼中になかった。

韓国について最も知っているのは「おじさん」であった。
韓国に行くのは「おじさんのツアー」で、目的は買春であった。
韓国イコール売春というのが1980年代以前の常識であった。
だから、女性の前で韓国に行った話は禁句だった。
自分が買春オヤジであることを暴露するようなものだからである。

その韓国が高級なイメージを持ち始めた2000年前後だっただろうか。
韓流ドラマがきっかけである。
1980年代の後半から十数年の間に韓国は随分と上等になったものだ。
(実際ではない。日本人のイメージの中だけである。)

私は韓国を貶めたいわけではない。

その時代を生きて、当時の日本人の感覚を憶えているので伝え残したいだけである。
人はいったん「あるイメージ」を持つと、昔からそうであったと思い込みがちである。
作られたイメージに事実が歪められるのである。
あるいは、現在によって過去が歪められるのである。
だから、日韓併合で「一等国民になれた」と大喜びした朝鮮人が、戦後日本を憎むことになる。

いくらイメージを作り変えても、本質は変わるものではない。
韓国は「近くて遠い国」であり、「売春天国」である。
その本質は・・・いまも変わっていないだろう。

posted by なすび at 20:57| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする