2017年05月07日

海外旅行について

月に一回程度電話してくる年上の友人がいる。
同じ会社の同僚で、61まで働き、今年の3月にリタイアした。
彼も独身(彼はバツイチ)で老後資金に余裕がある。
そんな状態で働き続けることに虚しさを感じたのだろう。

彼の趣味は海外旅行である。
50を過ぎた頃から年に数回ペースで行っていた。
今年は4月にベトナムに行き、5月にはスペインに行くようだ。
結構なことである。

私も「身体の動くうちに行きたいところに行ったほうがいいよ」と言われたが、行きたいところがない。
会社員時代、そこそこ海外出張したので新鮮さが薄れてしまったこともあるだろう。
各地域に一回行くと何となく分かった感じもするだろう。

数年前までは学生時代に行ったヨーロッパとインドを再訪したいという思いがあった。
知識や経験のない状態で行ったから、やはり十分咀嚼できなかった感じも残っている。
旅の記憶も曖昧になってきた。
ここらでヨーロッパやインドの文化を感じ直すのもよかろうと・・・。

しかし、ネットでニュースを収集するようになるとヨーロッパの荒れ方がひどい。
白人の国なのか無国籍の国なのか分からなくなって来ている。
やはり私はヨーロッパ人に金髪青眼を求める。
そうでなければヨーロッパの意味はない。

ここ30数年でヨーロッパは変わってしまった。
インドも治安は悪化しているようだ。

結局、海外旅行は思い切れない。
親日で居心地のよさそうな台湾が第一候補だが、ときどき飛行機が落ちるのは問題だ。
どこへ行っても日本ほど安全で快適な国はない。
それを前提に海外旅行をすべきだろう。

posted by なすび at 13:29| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする