2017年05月23日

母と薔薇

地方で人気があるのは薔薇園である。
中高年の女性が薔薇好きだからである。
もちろん、私の母(85歳)も例外ではない。

車を運転するオジサンも妻や母には逆らえない。
よって彼女らを乗せて薔薇園に行くことになる。
県下の行楽地もその辺は了承済みなようで、薔薇園が充実している。
薔薇のトンネルや薔薇のタワーができていて、ロマンチック○○などという命名がされている。

「薔薇でも見に行くか」と言うと、母はいそいそと準備をする。
夕食を作るときにも、いそいそとした気持ちをもって貰いたいと思うが、そのときは不満たらたらの象のようである。
えらい違いだ。

今日は県下2位のラーメン店に寄って薔薇園に行った。
薔薇園で薔薇を販売していたので、ピンクの薔薇を買った。
帰りに道の駅に寄って総菜を買って帰った(母は夕食の準備をしなくてよい)。
母は大変満足であった。

母が見た薔薇園。
DSC_2075.jpg

母が買った薔薇。
DSC_2082.jpg

posted by なすび at 19:27| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

テレビはスポーツだけでいい

テロ等準備罪が23日に衆院可決されるようだ。
まだ可決されていなかったのか。

先進国・中進国でテロ罪を持たない国はない。
持たないのは独裁国、小国の一部だけである。
マスメディアでこの事実を報道すれば、反対する国民などいないと思うが、日本のメディアは異常なので報道しない。
困ったものである。

憲法もそうである。
武装放棄する憲法など世界中にない。
特異な憲法である。
もちろん、そんな憲法がいいと思う国はないので、どの国も真似をしない。
これまたマスメディアが報道すれば、「日本だけ変なのは嫌だな」と日本国民は思うから、そうそうに改憲されているだろう。
メディアの罪は重い。

マスコミは反日外国人や帰化人に乗っ取られているという噂がある。
ここまで日本の力を削ぎ、貶めようとすれば、そう考えられて当然である。
「テレビなどこの世からなくなってしまえ」と私は思う。

ネットを見て、自分で判断する力がない人は選挙など行くべきではない。
国政を語るなど千年早い。
投票日には家でおとなしく韓流ドラマでも見ていてもらいたい。

ネットには偽ニュース、プロパガンダもあるが、半数以上はまともである。
玉石混合ではない、玉玉ときどき石である。
まともなサイトを見ていれば、TVより精度も深度も遥かに高い情報が得られる。

結論・・・テレビはスポーツだけでいい。
(明日は村田の世界戦があるので観戦する予定である。)

posted by なすび at 15:35| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

海外旅行について

月に一回程度電話してくる年上の友人がいる。
同じ会社の同僚で、61まで働き、今年の3月にリタイアした。
彼も独身(彼はバツイチ)で老後資金に余裕がある。
そんな状態で働き続けることに虚しさを感じたのだろう。

彼の趣味は海外旅行である。
50を過ぎた頃から年に数回ペースで行っていた。
今年は4月にベトナムに行き、5月にはスペインに行くようだ。
結構なことである。

私も「身体の動くうちに行きたいところに行ったほうがいいよ」と言われたが、行きたいところがない。
会社員時代、そこそこ海外出張したので新鮮さが薄れてしまったこともあるだろう。
各地域に一回行くと何となく分かった感じもするだろう。

数年前までは学生時代に行ったヨーロッパとインドを再訪したいという思いがあった。
知識や経験のない状態で行ったから、やはり十分咀嚼できなかった感じも残っている。
旅の記憶も曖昧になってきた。
ここらでヨーロッパやインドの文化を感じ直すのもよかろうと・・・。

しかし、ネットでニュースを収集するようになるとヨーロッパの荒れ方がひどい。
白人の国なのか無国籍の国なのか分からなくなって来ている。
やはり私はヨーロッパ人に金髪青眼を求める。
そうでなければヨーロッパの意味はない。

ここ30数年でヨーロッパは変わってしまった。
インドも治安は悪化しているようだ。

結局、海外旅行は思い切れない。
親日で居心地のよさそうな台湾が第一候補だが、ときどき飛行機が落ちるのは問題だ。
どこへ行っても日本ほど安全で快適な国はない。
それを前提に海外旅行をすべきだろう。

posted by なすび at 13:29| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする