2017年05月30日

怪しい結婚相手

・帰国子女でもないのにインターナショナル・スクールに通う
・父親は河原で自殺
・そのショックで父方の祖父母も死亡
・母子家庭なのに金の掛かる学校(中学・高校・大学)を選択
・美青年コンテストに出場
・鼻を整形
・三菱UFJ銀行に入社するも3年経たず退社
・現在は法律事務所勤務

真っ当なのは最後の項目だけで、あとは怪しいことだらけである。
三菱も身辺調査が厳しいのに、よく自殺家系の子を採用したな。

もし、このようなキャリアが成り立つとしたら、母方が社会的にかなり有力な場合のみである。
その場合も、息子はお調子者のバカ息子の可能性が高い。
母方が無名の場合は成り立たない。
そのときは相当ダークな香りがする。

知り合いに適齢期の娘がいて、結婚相手がこんなキャリアなら即反対する。
将来、酷いことになるのは目に見えているからだ。
もちろん高貴な家の娘さんであれば尚一層だ。

posted by なすび at 12:59| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

馬鹿について

馬鹿の特徴は自分が馬鹿であることに気づいていないことだ。
困ったものである。

逆にいえば、賢い人は自分の程度が分かっている。
Aさんよりは賢いが、Bさんよりは馬鹿だ。
総じて自分の頭は世の平均以上はあるだろう・・・などという思考ができる人だ。
こういう人はそれほど多くない。

自分がよく知っている分野で、分かり切った話を延々とされて困惑した人は少なくないだろう。
話している相手は私の実績やキャリアを知っているはずなのに・・・。
真面目で不遜な人ではないはずなのに・・・。
何かが欠落しているのだろう。

賢い人はこういう時、「釈迦に説法ですが」と前置きをしながら話を進め、相手の程度を見極めようとする。
相手の程度が分かれば失礼な対応をしなくて済む。
その人を支援するにしても騙すにしても程度が分かったほうが便利である。

しばらく会話をして、自分と相手の距離(程度の違い)を把握できない人は馬鹿である。
馬鹿が言い過ぎであれば、賢くない。

昨日は馬鹿と話して嫌気がさした。
そのストレスを発散したいがための記事である。

posted by なすび at 12:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

韓国について

ソウル・オリンピックが開かれたのは1988年である。
当時一番付き合いのあった友人がオリンピックを観に初めて海外(ソウル)に行ったのでよく憶えている。
普通のホテルが足りなくて、彼はラブホに泊められたらしい。
彼はソウルによい印象は持たなかった。

オリンピック以前の韓国は一般の日本人にとって「近くて遠い国」で、ほとんど印象にない国であった。
もちろんマスメディアも韓国の話題を報じることはなかった。
当時の日本人にとって韓国など眼中になかった。

韓国について最も知っているのは「おじさん」であった。
韓国に行くのは「おじさんのツアー」で、目的は買春であった。
韓国イコール売春というのが1980年代以前の常識であった。
だから、女性の前で韓国に行った話は禁句だった。
自分が買春オヤジであることを暴露するようなものだからである。

その韓国が高級なイメージを持ち始めた2000年前後だっただろうか。
韓流ドラマがきっかけである。
1980年代の後半から十数年の間に韓国は随分と上等になったものだ。
(実際ではない。日本人のイメージの中だけである。)

私は韓国を貶めたいわけではない。

その時代を生きて、当時の日本人の感覚を憶えているので伝え残したいだけである。
人はいったん「あるイメージ」を持つと、昔からそうであったと思い込みがちである。
作られたイメージに事実が歪められるのである。
あるいは、現在によって過去が歪められるのである。
だから、日韓併合で「一等国民になれた」と大喜びした朝鮮人が、戦後日本を憎むことになる。

いくらイメージを作り変えても、本質は変わるものではない。
韓国は「近くて遠い国」であり、「売春天国」である。
その本質は・・・いまも変わっていないだろう。

posted by なすび at 20:57| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

母と薔薇

地方で人気があるのは薔薇園である。
中高年の女性が薔薇好きだからである。
もちろん、私の母(85歳)も例外ではない。

車を運転するオジサンも妻や母には逆らえない。
よって彼女らを乗せて薔薇園に行くことになる。
県下の行楽地もその辺は了承済みなようで、薔薇園が充実している。
薔薇のトンネルや薔薇のタワーができていて、ロマンチック○○などという命名がされている。

「薔薇でも見に行くか」と言うと、母はいそいそと準備をする。
夕食を作るときにも、いそいそとした気持ちをもって貰いたいと思うが、そのときは不満たらたらの象のようである。
えらい違いだ。

今日は県下2位のラーメン店に寄って薔薇園に行った。
薔薇園で薔薇を販売していたので、ピンクの薔薇を買った。
帰りに道の駅に寄って総菜を買って帰った(母は夕食の準備をしなくてよい)。
母は大変満足であった。

母が見た薔薇園。
DSC_2075.jpg

母が買った薔薇。
DSC_2082.jpg

posted by なすび at 19:27| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

テレビはスポーツだけでいい

テロ等準備罪が23日に衆院可決されるようだ。
まだ可決されていなかったのか。

先進国・中進国でテロ罪を持たない国はない。
持たないのは独裁国、小国の一部だけである。
マスメディアでこの事実を報道すれば、反対する国民などいないと思うが、日本のメディアは異常なので報道しない。
困ったものである。

憲法もそうである。
武装放棄する憲法など世界中にない。
特異な憲法である。
もちろん、そんな憲法がいいと思う国はないので、どの国も真似をしない。
これまたマスメディアが報道すれば、「日本だけ変なのは嫌だな」と日本国民は思うから、そうそうに改憲されているだろう。
メディアの罪は重い。

マスコミは反日外国人や帰化人に乗っ取られているという噂がある。
ここまで日本の力を削ぎ、貶めようとすれば、そう考えられて当然である。
「テレビなどこの世からなくなってしまえ」と私は思う。

ネットを見て、自分で判断する力がない人は選挙など行くべきではない。
国政を語るなど千年早い。
投票日には家でおとなしく韓流ドラマでも見ていてもらいたい。

ネットには偽ニュース、プロパガンダもあるが、半数以上はまともである。
玉石混合ではない、玉玉ときどき石である。
まともなサイトを見ていれば、TVより精度も深度も遥かに高い情報が得られる。

結論・・・テレビはスポーツだけでいい。
(明日は村田の世界戦があるので観戦する予定である。)

posted by なすび at 15:35| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする