2017年03月10日

斬首作戦

パククネの罷免が決定した。
彼女が直接の原因というより、韓国経済が悪いからスケープゴートにされたというのが正解だろう。

経済が悪いと国民感情が荒れ、民意が善からぬプロパガンダに引っかかり易くなる。
感情の起伏が激しい韓国民だからなおさらだ。
パククネは悪いターンで大統領クジを引いたのだろう。

日本でもサヨクといえば反日・親中韓だが、韓国も事情が同じで反韓・親中朝らしい。
韓国では次期大統領はサヨクといわれている。
そうなると朝鮮半島全体が北朝鮮の影響下に入ることが問題だ。

日本人は「しかたがない」と思うかもしれないが、アメリカ人はまだ韓国に思い入れがあるようだ。
朝鮮戦争で何万人という米兵を死なせて守った土地だからだ。
むざむざと渡したくないという思いはある・・・と、ケント・ギルバートは言っていた。

どうするのかな?
金正恩の斬首作戦がいっそう現実味を帯びた感じだ。

斬首が成功すれば、北朝鮮から核やミサイルが排除される。
日本にとっても周辺諸国にとっても結構なことだ。
だから、いままでアメリカがしなかったとも言われている。
だが、韓国を献上するくらいなら実行するだろう。

私は最近、毎朝ネットニュースを期待しながら開く。
「金正恩斬首」の文字が躍っていないか。
しかし、私などが期待している間は駄目だ。
多くの人が忘れた頃が狙い目で、そのときは、私も「へ〜え」と驚くことだろう。

posted by なすび at 20:18| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする