2017年03月28日

退屈が嫌いではない

バチバチと強い雨音がするから何かと思ったら雹であった。
昨日のことである。
珍しいから写真を撮ってみた。

DSC_1793.jpg

桜が咲こうかという季節だが、この時期は天候が不順だ。
体調を崩しやすい。

私も何となく風邪気味で家に引きこもり状態である。
出るのは一日一回、車で買い物に行くだけ。
あとはビールを飲みながらネットをして、気が向けば庭で草取りをする。

誰かに退屈しないのかと言われそうである。
確かに退屈といえば退屈だが私は退屈が嫌いではないと答えそうだ。
そんなことを考えていると、陽が傾き、晩飯を食べ、寝ることになって一日が終わる。
困ったものである。

posted by なすび at 12:34| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

庭の白木蓮

庭の白木蓮が満開である。

DSC_1789.jpg

この花も桜同様切ない花で、春の数日咲けばお終いである。
夏場は楕円形の大きな葉を茂らせ、冬場は葉を落とし丸坊主だ。
今の季節以外まるで風情がない。

白木蓮もこの一週間のために生きているわけではないと思うが、年に数日のことだ。
はやり、この木にとっても特別な期間といっていいだろう。

白木蓮の原産地は中国西部である。
温かい地域の花だから、熱帯と中国を足して二で割ったような風情がある。

仏教の感じもするし、骨董の家具の上に活けたら似合いそうだ。
そう思って十数年前に植えたが、枝を切るのが惜しいので、いまだに花を活けたことがない。

posted by なすび at 13:11| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

我が家の庭(春)

今年は花の咲きが遅い。
冬が寒かったのだろう。

白木蓮がようやく開いた。
去年は3月20日が満開だったから、一週間遅れである。
写真で改めて見ると、なんだか切ない花である。
青春の儚さを感じてしまう。

DSC_1769.jpg

椿は何本かあって、今が見頃である。
枝が揺れていると思ったら、鳥が蜜を吸っている。
栄養をつけて無事、北に渡って欲しいものだ。

DSC_1775.jpg

名前は分からないが、雪柳系の木である。
こういう花が一番春らしいかもしれない。
白い小さな花が密集して咲くのは春だけである。

DSC_1779.jpg

桜もあるが、まだ蕾で、ピンク色になってさえいない。
もう二週間はかかるだろう。

posted by なすび at 16:24| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

借りたい本は少ない

月に2〜3回、図書館に行く。
暇つぶしである。
せっかく図書館に来たのだから、何冊か借りたいと思う。

小さな図書館ではない。
それなりに図書は充実している。

が、借りたい本は少ない。
結局いつも借りるのは「食」に関する本だ。
これが今の私の興味の対象なんだろう。

これ以外に見るのは地元の図書コーナー。
目的は「地元観光」情報の収集である。
しかし、既に借り尽くしたので、新しい情報はない。

「古代日本史」コーナーもチェックする。
いわゆる倭の時代である。
日本と中国、朝鮮半島との関りに関心があるからだ。
戦後史観に基づいたものではなく、最新の遺伝子学や考古学に基づいた本を求めている。
これがなかなかないのである。

「国際政治」コーナーも覗く。
ネットで視聴しているコメンテーターの本が中心である。
本の情報は数年古いから、結局、ネットで直接聞いたほうがいいという結論になる。

要は、「食」「地元観光」「古代日本史」「現在の国際政治」が私の関心事であり、このブログに書いている内容でもある。

posted by なすび at 19:30| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

花を追う旅

リタイアに憧れていた40代の頃、してみたいと思う旅があった。
鹿児島から北海道まで桜の開花を追う車旅である。
今年の開花予報は以下の通りだから、3月31日から5月10日までの40日の旅となる。

sakura_front_800x450.png

男の一人旅である。
宿を取ってもいいし、車中泊でもいい。
ただ、あまり贅沢過ぎないほうがいい。
花への感受性が鈍るから。
飽くまでストイックに桜を追う旅である。

夜は繁華街の居酒屋で呑んでもいいし、桜公園の露店でたこ焼きをつまんでもいい。
ワンカップでも呑みながら夜桜である。

そこでは、やはり土地の人との会話が欲しい。
他愛もないが、意外と奥深い話が望ましい(結構、難しいね)。
軽い事件に巻き込まれてもいい(ほとんど旅情推理)。
そんな旅に憧れていた。

現実に考えると、表日本は同時に咲き始めるから、狙うなら裏日本だろう。
魚が旨いから、ちょうどいい。
前半は少し急ぎ目、後半はゆっくりである。
名所旧跡を回りながら、名物も食べる。

そろそろ桜の季節が近づいてきた。
今年は時間も車もあるから、私の気持ち次第である。

posted by なすび at 17:53| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする