2017年02月27日

左翼ブロガーについて

ブログ村の政治サイトを見ると、森友学園ネタで埋め尽くされている。
書いているのは左翼ブロガー・・・余程お困りなんだろう。

いくら突いても政権を揺るがすような案件ではない。
テロ法を覆したいのだろうが、不可能である。
私としては法の成立を阻止するより、テロをしないことをお勧めする。

左翼ブロガーは組織色が強い。
共産党か、民進党の党員と思われる人が大半である。
きっと上層から指示が出ているのだろう。

私は以前から不思議に思っていたが、政治サイトでプロパガンダは無意味である。
政治サイトなど政治に興味がある人しか見ないので、見え透いたプロパガンダなどに引っ掛るはずはない。
そんなエネルギーがあるなら他に注げばいいと思うが、左翼ブロガーはやりたがる。
きっと上層から指示が出ているのだろう。

プロパガンダは無知な人を対象に行わないと意味がない。
知識がある人なら、すぐに嘘や意図を見破るから。
だから、TVなんかが最適である。
無関心な人がダラダラと見る媒体だからだ。

ネットの政治サイトは関心がある人しか見ないから駄目だ。
唯一プロパガンダが効くとすれば「有名まとめサイト」くらいだろうか。
それなら、政治に無関心な人も見るから、プロパガンダの効果もあるだろう。
しかし、そこに載せようと思えば、金も掛るし、組織力もいる。
一党員の出番はないだろう。

posted by なすび at 17:56| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする