2017年01月12日

トランプの反中国

トランプが反中国的な気配である。
どこまで本気かは分からないが、「腰砕け」ということはなさそうだ。

基本は「アメリカのbQ叩き」だろう。
民主党政権が甘やかせ続けたため、中国が肥大化してアメリカに対抗するようになってきた。
共和党政権になって「よし、ここらで叩いておくか」という感じだろう。

叩いたらソ連のように崩壊してしまった・・・というのも楽しい想像だ。
チベット、モンゴル、満州、台湾、香港・・・みな独立するだろう。
日本に難民が押し寄せる?・・・すべて追い返せばいい。
周辺諸国はそうするだろうから、日本だけがしていけないわけがない。
ヨーロッパもグローバリズム(偽善主義)が衰退しているだろうから、それほど非難されない気がする。

ついでに特別永住者制度もなくし、日本から罪を犯した朝鮮人を追い返せばいい。
凶悪犯罪が減り、年金や生活保護費も浮くだろう。
そして、反日活動も減り、マスメディアも多少マシになるだろう。

とはいえ、中国という統制された市場を失うことは欧米も痛手だろう。
だから、「ほどほど叩く」というのが現実だろう。

日本もトランプに便乗して中国や韓国を叩いてやればいい。
随分と煮え湯を飲まされてきたから。
しかし、中国にいる日本人も反撃を食らうだろうから、さっさと帰ってきたほうがいい。

そういえば中国にいた日本人が秘密裏に死刑されたらしい。
7人目ということだ。
私のように軽口な人間は中国に行ってはいけない。
あんな独裁国家では、どのような罪をかぶせられ、処刑されるか分かったものではない。

posted by なすび at 20:27| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする