2017年01月08日

AIについて

AI(人工知能)が気になっている。
AIが普及すれば、単純労働者のすべて、ホワイトカラーの大半が職を失うという。

私は既にリタイアして、再就職をまったく考えていない人間だから、自身の問題ではない。
が、20年後に労働しているだろう人にとっては大きな問題だ。

まず、真っ先になくなりそうな仕事は、トラック運転手、タクシー運転手だろう。
宅配ドライバーはマンションを上がって部屋まで届けないとならないから、それほど簡単ではないだろう。

プログラマやSEも厳しいだろう。
コンピュータ業務はAIのお得意である。
経理や給与計算といった事務作業も取って代わられるだろう。

プレゼンや資料作りを生業にしている人は減っていくだろう。
一人のアイディアマンがいれば、AIと組んで数人分の仕事ができる。
記者、作家なども同様かもしれない。

多くの人が職を失うという以外に、もう一つ大きな問題がある。
これは産経電子版を読んで気づかされたが、よいAIを持てば、その会社の業務能力が「直ちに・飛躍的に」向上するということだ。
昨日まで二流であった会社が、最新のAIを導入した今日、超一流の会社になっていた・・・ということもあり得る。
そうなれば、どの会社も最良のAIを探すことに血眼になり、人材育成や技術開発など二の次になるだろう。

人が一番生き残り易いのは「頭脳や作業に特化しない中間的な仕事」といわれている。
看護婦や整備工といったブルーカラーの専門職だろうか。

いずれにしても、リタイア者の私が困ることではない。
AIの進歩を観察し、その利便を享受していくつもりだ。

posted by なすび at 16:47| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

日韓政府の「騙し」でないことを願う

釜山の慰安婦像設置に対抗して、日本政府が駐韓大使の一時帰国を表明した。
併せて通貨スワップの協議中断も表明した。

日本が大使を召還するなど聞いたことがない。
ようやく普通の国並みの政策が取れるようになったかと喜んだ。
きっとオバマからトランプに米政権が変わったお陰だな。

しかし、よく考えると変だ。
ソウル大使館前の慰安婦像は問題ないのか。
一昨年末の日韓合意以降も各地に慰安婦像は設置されているが、それはどうなのか。

もしかしたら日本政府、釜山の慰安婦像を撤去する代わりに通貨スワップを再開するつもりではないか。
既に韓国政府と話がついているのではないか。
だとしたら、これほど日本国民を馬鹿にした話はない。

政治家・官僚は中韓と癒着して、国費を中抜きするのが常である。
もはやストレートに中韓を援助すれば国民が怒る時代だから、「騙し」の策で目くらましするつもりではないか。

「鉄は熱いうちに打て」ということで、さっそく官邸にメールを送った。

 釜山慰安婦像を撤去すればスワップ再開ということはないですよね。
 国民は出来レースは受け付けませんよ。
 国民を騙す手段に利用すれば、手痛いしっぺ返しを受けます。
 それだけは警告しておきます。

私の悪い予感が当たるかどうかは一か月もすれば分かるだろう。


【追記】
 日本が「騙し」でなく本気で行ったとしたら、私はここ何十年かの大ニュースだと思っている。
 敗戦後、日本は(世界有数の大国にも関わらず)外国に遠慮し続けてきたからである。
 日本が他国にはっきりと条件を突きつけたなど聞いたことがない。
 その割にはニュースの扱いは小さいし、日本政府にも眦を決した様子がない。
 だから「結局バーターか」と思った次第である。

posted by なすび at 20:31| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

私はニトリとユニクロばかり

私の家は寒い。
日本の平均値より暖かい地域にあるのだが、寒いのは昔の和風建築だからである。

壁だとか、窓だとか、「ふすま」だとか、いろいろ問題はあるが、最大の問題は床である。
とにかく床が薄い。
畳や板一枚で、断熱材も何も入っていない。
基礎の空間があって、すぐ地面である。

冬の初めは地表が温まっているからまだいいが、今時分になると地面の冷えが床を通して部屋に上がってくる。
一日中、灯油ストーブを焚いても足元の寒さには対応できない。

畳マットの上に、ニトリのアルミ保温シート(1,380円・税別)、折り畳みカーペット(3,695円・税別)を敷いたが、まだまだ厳しい。
DSC_16301.jpg

よって、ニトリのホットカーペット(5,547円・税別)を購入することにした。
725031201.jpg

この製品は大人気な様子で、店舗に行ったら既に「完売在庫なし」であった。
そうなると、余計に欲しくなる。
ニトリのネット通販で見ると在庫が9枚あった。
送料500円を負担して、慌ててネット購入した(届くのは週末)。

それにしても、ニトリは安い。
品質も悪くない。
何でも揃っている。
近くに店舗がある。
だから、私はニトリとユニクロばかりだ。

posted by なすび at 13:42| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

世間知のある大人の判断

母の孫(私の甥)はイマイチだが、伯父(母の兄)の孫は優秀だ。
3人のうち、一人は京大、一人は医学部、一人は有名進学高校の学生である。

今回は、国立大の医学部に行っている娘の話だ。
娘は子供の頃から勉強ができたから東大に行くことも考えたが、女が東大を出てもイマイチである。
官僚になっても、大企業に入っても、苦労する割には頭打ち感がある。
それなら、絶対喰いっぱぐれがない専門職になりたいと言って医学部にしたそうだ。

確かにそうかもしれない。
いろいろ言ってみても、日本の職場はまだ男社会だ。
よほどのやり手でなければ男並みの出世は難しいし、当然家庭は犠牲になる。
エリート女性がある程度の自由を確保しながら、尊敬と高収入を得られる仕事の筆頭は医者だろう。

私は賢い選択だと思った。
とても17、8の子供の知恵ではない。
子供のストレートな判断なら、やはり世間映えのする東大ブランドを選ぶだろう。
彼女の周り(親や祖父母)には世間知があって、エリート層をよく知っている大人がいるのだろう。

しかし、勉強ができる子供なら周りが放っておいても何とでもなる。
周りの知恵が本当に必要なのは勉強ができない子の場合だろう。
例えば、二流の普通高校ではなく、あえて商業高校を選択し、推薦で地元国立大に送り込む方法もある。
高卒枠で公務員になったり、地銀に入れる方法もある。
それもままならなければ、さっさと就職させて、学費分を子供に残してやればいい。
それが世間知のある大人の判断だ。

最悪なのは親のつまらぬ見栄や過剰な期待で子供の実像を見誤ることだ。
浪人した挙句、Fラン大に行き、三流企業に勤める・・・。
こうなると、もう取り返しはつかない。
一生、社会の中間層以下を漂うしかない。

私の甥はこのルートをまっすぐ進んでおり、姉はひたすら嘆き悲しむ。
私からすれば「半分以上、姉夫婦の責任だ」と思うが、偏狭な姉は聞く耳を持たない。

posted by なすび at 13:39| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする