2016年12月31日

年末雑感

28日、道の駅に行ったら買い物客でいっぱいだった。
今どき正月に閉まるスーパーはないから買い溜めする必要はない。
特別な正月料理など作るのだろうか。

30日、ガソリンスタンドに行ったら洗車機待ちの車が行列していた。
きれいな車で正月を迎えたい気持ちは理解できるが、そこまで待たなければいけないものか。

とはいえ、リタイアした私も年末はそれなりに忙しかった。
一週間前に洗車もしたし、酒、たばこ、乾電池、ガソリン、灯油・・・何となく正月に切らしたくなかったので、すべて補充した。
スーパーもガソリンスタンドも正月休みはないから、単に気のモンである。

サラリーマン時代も年末はそれなりに忙しかった。
私にも、他の人にも「できれば今年のうちに片づけておきたい」という心理が働いたからだろう。
そう考える日本人が多いから、師走は何かと忙しい。

そういう何気ない気持ちも多数集まると大変な力になる。
景気がその典型だろう。
みんなが将来に明るい展望を持てば、モノは売れて、景気はよくなる。
失業は減って、給料は上がり、社会も明るく活気がでてくる・・・素晴らしい限りだ。

今年は欧米で「移民や偽善は懲り懲り」という気が動いた。
来年も引き続くだろう。

欧米で起こったことは日本にも起こる。
来年は日本も「在日や報道しない自由は懲り懲り」で行きたいものだ。

posted by なすび at 15:28| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする