2016年12月27日

地方の問題

地方に優秀な人は少ない。
有望な職場や大学が少ないから、有能な人間はみな都会に流れるからだ。
残念だが、構造上、仕方がない。

地方で最も優秀なのは医者である。
大体、地元国立大の医学部出身だ。
地方といえども医学部だから、理工学部でいえば旧帝大以上のレベルということになる。

次は公務員だろう。
大体、近県国立大の文系出身だ。
このクラスになると必ずしも優秀というわけでもない。
標準よりはちょっと上というレベルだろう。

これがほぼ全てである。
役所であれ、銀行であれ、会社であれ、私が日常接する人は、みなこのクラス以下だと思って間違いない。

私も単純に「勉強ができる=賢い」とは思わないが、物事の理解力や事務処理能力は学力に比例する場合が多い。
だから、彼らと接していてため息が出ることは多いのである・・・「もっと分かれよ」「さっさとやれよ」。

もし私が地元のために町おこしか何かをするとしたら、協力を頼む仲間はきっと都会の会社で働いた経験があるUターン組だろう。
そうでなければ新しいものが持ち込めない気がする。
地方の会社ではあまりにも経験できることが少ないと思うからだ。

地方人の悪口を書いたが、都会人が素晴らしいというわけでもない。
都会は人が多いからバカも一杯いる。
しかし、割合としては優秀な人が多い。
繰り返しになるが、地方から優秀な人間が流入するからである。
そして問題の原点は「地方に有望な職場がない」ということだ。

posted by なすび at 14:14| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする