2016年12月10日

女性ドライバーについて

地方は女性ドライバーが多い。
そして年齢層が高い。
驚くような婆様が運転していて大丈夫かと思う。

女性ドライバーは総じて車の運転が下手だ。
交通の自然な流れを堰き止めているのは、いつも女性ドライバーだ。
こんな下手糞な人が事故を起こさないはずはない。

最近、高齢者の事故が話題に上がっているが、私は女性の方が問題だと思っている。
ネットをググっても男女別の事故率情報が明確に挙がってこない。
男女平等の観点から掲載を自粛しているのだろうか。

自分が運転が苦手なことは女性も先刻承知だろう。
しかし、他に交通の手段がない地方では、嫌でも運転せざるを得ない。
可哀相でもある。

知人のおばさんは大田舎の実家に車で帰らないという。
チンタラ走っていると後ろから他の車にせっつかれるからである。
確かに信号のない快適な田舎道を遅い車に塞がれたら私も腹が立つ。

地方で車に乗るとは女性ドライバーにお付き合いするということである。
残念ながら致仕方がない。
女性と急ぎたがるトラック、地方道の二大悪といえるだろう。

posted by なすび at 12:38| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする