2016年12月20日

柚子をくれたらいいのに

柚子は役に立つ果実である。

我が家では鍋をよくする。
醤油に柚子を絞り入れ、柚子胡椒で辛みを加える。
これで肉や野菜が驚くほど旨くなる。

また、風呂に浮かべる。
一個を半分に切って入れるだけで、風呂中いい香りがする。
楽しくて、つい長風呂になる。

自宅の庭にも柚子の木があるが、近年なりが悪い。
道の駅に小10個が100円程度で売っているから、それを買って使っている。
100円で一週間いろいろに使えて重宝している。

柚子の話で思い出すのが、以前住んでいたアパートのことだ。
敷地内に柚子、柿、ビワの木があって、季節には実をつける。
大家さんは柿、ビワの実をビニール袋に入れてアパートの住民に配っていた。
男の一人暮しだから皮を剝くのが面倒で食べきれない。
いつも大半捨てていた。
正直貰って嬉しくないおすそ分けだった。

そのとき私が思っていたのは・・・「柚子をくれたらいいのに」。
柚子なら一切するだけで風呂に浮かべられる。
面倒くさがりの私でも、捨てずに使い切れる果実である。

しかし、柿、ビワは十数個くれても柚子は一つもくれない。
柚子は役に立つから大家も他人に分けたくなかったのだろう。

柿やビワを貰うたびに、「本当は柚子が欲しいんです」と言いそうになって困った。
私は思ったことを、つい口に出す性格だから黙っておくのに苦労する。
必死で我慢したおかげで、大家さんとはいい関係を維持したままお別れできたのは誠に結構なことである。

posted by なすび at 13:09| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

ユニクロはいい

冬場の部屋着はフリースのジャケットである。
軽くて暖かくて便利だ。

長年着続けたので、生地も薄くなって、暖かくなくなった気がしていた。
よってユニクロのフリース・ジャケット(税抜き1,990円)を購入した。
07_172356.jpg

以前のフリースはアウトドア・メーカーの品だったので、ユニクロでフリース・ジャケットを買うのは初めてだ。
予想外にいい。
新しいから毛も立って暖かいし、生地も柔らかい。
これで1,990円は大変にお得だ。
5年は使うつもりである。

気が付けば私の衣類は9割以上ユニクロである。
靴とジャンパーやコートが違うくらい。

ユニクロは安くて、品質もそこそこ良い。
市内に店舗がある。
半年に一度くらい買い替え・補充する。
一回に付き5,000円程度だから費用はほとんど気にならない。

私は定番しか着ないし、気に入った色形のものは複数枚買って着回す。
夏はグレーのTシャツに、薄茶のコッパンという感じ。
だから他人と被っても、まったく問題ない。

ユニクロは衣料業界の価格破壊をしてくれた会社だ。
いろいろあっても、やはり評価している。
このまま、今の価格と品質を維持して欲しいものだ。

ちなみに、私が買ったフリース・ジャケットはベトナム製であった。
人件費が上がって、中国で作っては価格が合わなくなったのだろう。
中国製でないことも保守の私にとって高評価だ。

posted by なすび at 14:44| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

夕食前

どこの県にも旨い日本酒はある。
県民としては自県の酒を愛飲すべしと思っているので、私は自県の地酒を呑んでいる。

日本酒は一升瓶で買う。
市内に良心的な地酒専門店があるから、そこで買う。

今呑んでいるのは一升2,700円の純米吟醸である。
高級品ではないが、日常呑みとしては十分な味と香りだ。

器は好きだから、いい杯で吞む。
今日は大清宣統(ラストエンペラー)年製茶杯のレプリカを使っている。

レプリカといっても1960年代の中国製で、この頃には中国にもいい職人がいた。
牡丹など様々な花の絵が細密に描かれている。
もちろん手書きである。

出張(2010年)の休日に香港の「裕華國貨」で買ったものだ。
当時は円高だったが、25,000円はしたと思う。

もう直ぐ夕食である。
昼は豚骨ラーメンでコッテリしたので、夜は茶漬にした。
塩鮭と白菜の漬物でサラサラである。

母が呼びに来たら、茶漬を食って、ビールを飲みながらネットをして寝るだけだ。
明日の朝は今年一番の冷え込みだそうだ。
暖かくして寝ようと思う。

posted by なすび at 18:15| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

最近の車について

私の車(マツダ・デミオ)にはマツダコネクト(マツコネ)というコンピュータが元から組み込まれている。
ナビ、オーディオ、車両の制御などの役割を果たしている。

ナビの評判はあまりよろしくない。
確かに賢くはないが、元から付いているし、一応の役割は果たしてくれる。
このナビは単に距離優先でルートを決めるため、とんでもなく狭い道や渋滞道を指示されることもある。
マイナーな場所は目的地検索しても出てこないから、目的地設定に苦労する。

オーディオはUSBの音楽が聴けたり、TVが観れたり、ラジオが聴けたりで結構だ。
携帯にBluetooth接続すると、運転しながら電話を取れたり話したりできる。
相当便利だと思う。

音楽が流れ、ルートが決まれば、あとは指示に従って車を動かすだけである。
私の感覚では、車の運転とはコンピュータ操作半分、ハンドル操作半分である。
運転も随分変わったものだ。

さて、マツコネのナビ(地図情報)が一年振りにアップデートされた。
ここ一年、県内でそれほど道路が新しくなったとは思えないが、サイトから無料でダウンロードできるのでしてみる。

車庫に行ってマツコネからSDカードを抜き、部屋のPCに差し込む。
PCからインターネット経由で地図情報をダウンロードし、SDカードに更新する。
更新が終われば、再びSDカードをマツコネに差す。

私は何のことを書いているのか・・・?
PCではなく車のことである。

posted by なすび at 18:04| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

沖縄の基地問題は分かり易い

沖縄の基地問題は分かり難い。
いや、本当は分かり易いのだが、メディアが目くらましの報道しかしないので分かり難くなっている。

基地があるのは危険だからない方がいいのは分かるが、逆に侵略を受けやすい地域だから基地があるともいえる。
また、基地の需要や雇用がないと沖縄の経済は成り立たない。
当然、基地がなくなれば国からの補助金もなくなる。
沖縄県民がどうやって食べていくのか心配になる。

普通に考えれば「基地はいらない」という沖縄県民はいないだろう。

今話題になっている普天間から辺野古への移転問題だが、これもいいことの方が多い。
基地が人の多い街中から海辺に移るからである。
これで住民の危険や騒音は減るだろう。

普通に考えれば「移転反対」という沖縄県民はいないだろう。

こう考えると「基地反対」「移転反対」している沖縄県民はいないことになる。
本州から行っている左翼や中韓の回し者(要は反日)が運動の中心であるというのも理解できる。
あえて反対している沖縄県民を探すとすると普天間基地の土地持ちだろう。
随分と高い値段で貸しているという。
一生遊んで暮らせる身から転落すれば私でも反対運動する。

あと、政府に反対して補助金を吊り上げようとしている勢力もいる。
沖縄の政界財界が中心だろうが、県民も間接的に手を貸していなくもない。
一住民にも補助金の恩恵があるからだ。

基地がないと困るが素直に賛成すると補助金は下がる・・・このネジレが基地問題を分かり難くしているのだろう。

posted by なすび at 17:06| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする