2016年11月13日

私の住んでいる場所

私は地方都市の郊外に住んでいる。
市の人口は10数万、近くに大都市はない。

市の中心部(駅前)まで4キロ(クロスバイクで20分)。
徒歩5分以内に大型スーパー、バス停、地銀がある。
2キロ以内には飲食店、飲食チェーン店、ホカベン、病院があるから、自転車だけで生活は成り立つ。

しかし、行楽地へ行くには車が必要だ。
ニトリやホームセンターで買い物するにも車は必要。
だから、コンパクトカーを所有している。

自宅は住宅地の中にあるが、意外と人付き合いはない。
隣家のおじさんと庭の塀越しに話をする程度である。
母は数人の友人があるようだが、好んで付き合っているだけで無理はしていない。
よく「田舎は近所付き合いが煩わしい」という話を聞くが、よほど大田舎なのだろう。
私の近所ではマンション程ではないが、都会の住宅地並みにはクールである。

工場誘致に成功したせいか、人口はそれほど減っていない。
田んぼを潰して新築の住宅地もできている。
一方で、一人暮らしの老人も多く、空き家や空き地も目立つ。
工場があるからだろう、中国人の若い女性が数人、自転車に乗って行動している姿を目にする。

土地は安いが売れない。
私が相続した20年前の半額以下だろうか、地価は下がり続けている。
私は自宅の不動産を自分の資産の対象から外している。

やはり地方だから都市部に比べ空気はきれいだ。
しかし、近年、家の前の道に車が増えて、必ずしも環境がいいとは言えない。
一方で、郊外の道は車が少なくドライブは快適である。
行楽地に行っても駐車場は無料だ(行楽地自体も無料の場所が多い)。
車を運転していると、このままどこにでも行けそうな気がしてくる。
運転が嫌いでなければ楽しい場所だ。

外食は都市部に劣る。
値段もそれほど安くはない。
スーパーは品も価格も都市部と大差はない。
道の駅に行けば、魚や野菜は安くて新鮮。
デパートや専門店は少ないから高級品、特殊な品は手に入り難い。
ネットで買うしかないが、私は今のところ必要としていない。

思いつくままに書いた。
地方都市(中田舎)への移住を考えている人の参考になれば幸いである。

posted by なすび at 22:54| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする