2016年11月13日

私の住んでいる場所

私は地方都市の郊外に住んでいる。
市の人口は10数万、近くに大都市はない。

市の中心部(駅前)まで4キロ(クロスバイクで20分)。
徒歩5分以内に大型スーパー、バス停、地銀がある。
2キロ以内には飲食店、飲食チェーン店、ホカベン、病院があるから、自転車だけで生活は成り立つ。

しかし、行楽地へ行くには車が必要だ。
ニトリやホームセンターで買い物するにも車は必要。
だから、コンパクトカーを所有している。

自宅は住宅地の中にあるが、意外と人付き合いはない。
隣家のおじさんと庭の塀越しに話をする程度である。
母は数人の友人があるようだが、好んで付き合っているだけで無理はしていない。
よく「田舎は近所付き合いが煩わしい」という話を聞くが、よほど大田舎なのだろう。
私の近所ではマンション程ではないが、都会の住宅地並みにはクールである。

工場誘致に成功したせいか、人口はそれほど減っていない。
田んぼを潰して新築の住宅地もできている。
一方で、一人暮らしの老人も多く、空き家や空き地も目立つ。
工場があるからだろう、中国人の若い女性が数人、自転車に乗って行動している姿を目にする。

土地は安いが売れない。
私が相続した20年前の半額以下だろうか、地価は下がり続けている。
私は自宅の不動産を自分の資産の対象から外している。

やはり地方だから都市部に比べ空気はきれいだ。
しかし、近年、家の前の道に車が増えて、必ずしも環境がいいとは言えない。
一方で、郊外の道は車が少なくドライブは快適である。
行楽地に行っても駐車場は無料だ(行楽地自体も無料の場所が多い)。
車を運転していると、このままどこにでも行けそうな気がしてくる。
運転が嫌いでなければ楽しい場所だ。

外食は都市部に劣る。
値段もそれほど安くはない。
スーパーは品も価格も都市部と大差はない。
道の駅に行けば、魚や野菜は安くて新鮮。
デパートや専門店は少ないから高級品、特殊な品は手に入り難い。
ネットで買うしかないが、私は今のところ必要としていない。

思いつくままに書いた。
地方都市(中田舎)への移住を考えている人の参考になれば幸いである。

posted by なすび at 22:54| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

意外でもない勝利

トランプ勝利は意外だった。
日米のマスメディアはすべてヒラリー優勢だったからである。
また、保守系言論人もトランプに勝って欲しいが、ヒラリー有利のようだと言っていた。

私が知っている言論人で終始トランプ有利と言っていたのは藤井厳喜だけだ。
藤井がなぜ予想が当たったかを解説するビデオをYouTubeにアップしていた。
論旨としては、
 ・偏向の少ない市場調査会社を知っており、その調査では終始トランプの支持率が高かった
 ・トランプの集会はいつも満員だったが、ヒラリーの集会はガラガラだった
ということである。

なんと、当たり前。
それを知っていれば、私でも予想がつく。

結局、
 ・アメリカのマスメディアも偏向している
 ・日本のメディアは米メディアを追随しているだけ
 ・アメリカの生の情報を収集している言論人は少ない
 ・日本政府の情報収集力は低い(ヒラリーだけに会ったから)
ということ。

大半の人がマスコミの作り出した嘘に踊らされたということだ。
事実は終始トランプ有利で、そのまま勝ち切ったに過ぎない。

posted by なすび at 17:34| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

お知恵を拝借(公開買付)

父から譲り受けたダメ株が公開買付(MBO)になりました。
値段が上がっているので有難いことです。

さて、ネットで調べてみると「売らない」という選択肢はなさそうですから、売ることにしようと思います。
その場合、「買付に応募する」「市場で売却する」の二つがあるようです。

「応募」は新たに口座を作る必要もあり、面倒な感じです。
「市場」は「応募」より価格が下がり、売買手数料も掛かります。

とはいえ、株価の差は3,000円、手数料は3,240円、合わせても6,000円強です。
現在、「市場」の方に心が動いています。
株にお詳しい方、ご教授ください。

ちなみに、売却価格は公開価格で72万程度になります。

また、「応募」する場合は、三菱UFJモルガンスタンレーかカブドットコムのいずれかに口座を作る必要があります。
どちらがお薦めでしょうか。

posted by なすび at 17:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

TPPについて

TPPは損得がよく分からない。
日本が得なら推進すべきだし、損なら止めるべきだ(当然である)。

ネットの保守系ニュースを聴いていても、コメンテーターによって賛否両論だ。
いずれも聴いたときは「もっともだ」と思うから困ったものである。

是非の判断がつかないときは止めるべきだろうから、私としてはTPPは反対としておく。

さて、安倍政権はTPPに前のめりだが、やはり不思議な気がする。
アメリカ大統領の両候補者が反対しているのだから日本が急ぐ必要はない。
安倍政権としては先行して日本が主導したいと言っているが、日本がアメリカに圧力を掛けられるものだろうか・・・甚だ疑問である。

日本とロシアが仲良くする代償としてTPP批准をオバマから押し付けられたという噂もある。
確かにアメリカとしては日露が親密になるのは歓迎しないだろうから、許容する見返りが欲しいものだ。
これは有りそうな話だ。

アメリカには少数の金持ちと多数の貧乏人がいて、金持ちはTPP賛成、貧乏人は反対のようだ。
オバマやヒラリー(多数の支持を得たいために一応反対しているが、本音はTPP賛成)は金持ち側、トランプは貧乏人側である。
アメリカ大統領がヒラリーならTPPは成立、トランプなら不成立ということになろう。

安倍政権としてはヒラリーに恩を売ったかたちになるが・・・不成立ならそれでも構わないというスタンスだろう。
やっぱり日本にとってTPPはよくないのだろう。

posted by なすび at 21:32| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする