2016年10月29日

反日カードを切るしかない

もちろん「反日カードを切るしかない」のはパククネである。

大統領が怪しげなオバサンの操り人形であったことが分かって韓国国民は怒り心頭の様子である。
パククネの支持率は10%切ったとも、辞任せざるを得ない状況とも言われている。

経済が悪いから国民は不満が溜まっている。
日韓合意で反日も抑えられている。
不満は誰かにぶつけないと気が済まない国民性だから、とにかく不満のはけ口を求めていた。
そこに大統領の醜聞だから、渡しに舟である。
すべての怒りがパククネに向けられた感じだろう。

韓国大統領は下手な辞め方をすれば命が危ない。
いくらアメリカに禁じられたといっても自分の命には代えられない。
きっと反日カードを切って国民の怒りを逸らそうとするだろう。
竹島に上陸かな。

日本としては韓国の反日は問題ない。
日本人の大半が既に嫌韓だからである。
さらに嫌韓が強まって韓国と距離が遠のくのはよいことだ。
半島と関わるとロクなことがない。

また、約束を破って反日カードを切ってしまえば、韓国は欧米の信頼を失う。
既に信頼などない状態だが、さらに泥にまみれる。
反日勢力が衰えるのは結構なことだ。

とはいえ、パククネは幸薄そうだから悲観して自殺されても後生が悪い。
反日をした後、引退してアメリカ西海岸で孤独な余生を送ってください・・・という感じだ。

posted by なすび at 21:29| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする