2016年10月20日

将棋の不正について

三浦九段に将棋ソフトを使ってカンニングをしたという疑いがかかっている。
三浦九段は否定しているが、まずクロだろう。

将棋界は狭い世界で、小学生の頃から勝負をし、一緒に遊んできた仲間たちの集りである。
将棋の技術や癖、性格や行動パターンはお互いに知り尽くしている。
そこで、ある時からある個人に急な変化があれば、直ぐに気づく。
何人かが集まって「あいつ、最近変じゃないか」ということになれば、やっぱり変なのである。

三浦九段は引退することになるだろうし、その後の彼の生活は悲惨なものになるだろう。
残念なことだ。

しかし、一番の問題は将棋ソフトがトッププロよりも強くなったことだろう。
囲碁の世界では「アルファ碁」が世界2位の選手に勝ったことで話題になった。
「アルファ碁」を動かすには1,000台以上のパソコンが必要なようである。
将棋の場合は囲碁より「場合の数」が少ないためか、1台のパソコンでもそこそこ動く。
私のノートパソコンに無償ソフトを入れたら羽生より強かった・・・これは冗談ではないのである。

いろいろ言ってみても将棋は勝負事だから、やはり勝つものが素晴らしい。
将棋において人間はもう素晴らしくないのである。
今後、もっとも熱い棋戦はソフト対ソフトの対局だろう。
将棋界は羽生という偉大な棋士を産んだが、彼を最後の華として滅んでゆくだろう。

posted by なすび at 21:35| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする