2016年10月29日

反日カードを切るしかない

もちろん「反日カードを切るしかない」のはパククネである。

大統領が怪しげなオバサンの操り人形であったことが分かって韓国国民は怒り心頭の様子である。
パククネの支持率は10%切ったとも、辞任せざるを得ない状況とも言われている。

経済が悪いから国民は不満が溜まっている。
日韓合意で反日も抑えられている。
不満は誰かにぶつけないと気が済まない国民性だから、とにかく不満のはけ口を求めていた。
そこに大統領の醜聞だから、渡しに舟である。
すべての怒りがパククネに向けられた感じだろう。

韓国大統領は下手な辞め方をすれば命が危ない。
いくらアメリカに禁じられたといっても自分の命には代えられない。
きっと反日カードを切って国民の怒りを逸らそうとするだろう。
竹島に上陸かな。

日本としては韓国の反日は問題ない。
日本人の大半が既に嫌韓だからである。
さらに嫌韓が強まって韓国と距離が遠のくのはよいことだ。
半島と関わるとロクなことがない。

また、約束を破って反日カードを切ってしまえば、韓国は欧米の信頼を失う。
既に信頼などない状態だが、さらに泥にまみれる。
反日勢力が衰えるのは結構なことだ。

とはいえ、パククネは幸薄そうだから悲観して自殺されても後生が悪い。
反日をした後、引退してアメリカ西海岸で孤独な余生を送ってください・・・という感じだ。

posted by なすび at 21:29| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

成功について

成功は世俗的である。
出世であり、金であり、魅力的な異性であり、人気である。

人は誰しも成功を望むと思いがちだが、実際はそうでもない。
成功が目の前に止まっているのに、手を伸ばさなかったり、自ら遠のいたりした経験がある人は多いだろう。
理性では成功を求めながら本心では成功を拒否している場合はある。

実際に成功はいいことばかりではない。
いい評判を維持するには自制し続ける必要もあるし、それに囚われて窮屈なことも多い。
有名人にはなりたいが、なってしまえば無名人の自由や気楽さはなくなるのである。

私は若い頃、成功の欠点には思い至らなかった。
若者はとにかく理性で解決できると思うから、成功を拒否する自分を不甲斐なく情けなく思ったものだ。
本心は成功を重苦しく受け止めていたから、それほど乗り気ではなかったのだろう。
結局、それで正解だったということだ。

posted by なすび at 20:36| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

将棋の不正について

三浦九段に将棋ソフトを使ってカンニングをしたという疑いがかかっている。
三浦九段は否定しているが、まずクロだろう。

将棋界は狭い世界で、小学生の頃から勝負をし、一緒に遊んできた仲間たちの集りである。
将棋の技術や癖、性格や行動パターンはお互いに知り尽くしている。
そこで、ある時からある個人に急な変化があれば、直ぐに気づく。
何人かが集まって「あいつ、最近変じゃないか」ということになれば、やっぱり変なのである。

三浦九段は引退することになるだろうし、その後の彼の生活は悲惨なものになるだろう。
残念なことだ。

しかし、一番の問題は将棋ソフトがトッププロよりも強くなったことだろう。
囲碁の世界では「アルファ碁」が世界2位の選手に勝ったことで話題になった。
「アルファ碁」を動かすには1,000台以上のパソコンが必要なようである。
将棋の場合は囲碁より「場合の数」が少ないためか、1台のパソコンでもそこそこ動く。
私のノートパソコンに無償ソフトを入れたら羽生より強かった・・・これは冗談ではないのである。

いろいろ言ってみても将棋は勝負事だから、やはり勝つものが素晴らしい。
将棋において人間はもう素晴らしくないのである。
今後、もっとも熱い棋戦はソフト対ソフトの対局だろう。
将棋界は羽生という偉大な棋士を産んだが、彼を最後の華として滅んでゆくだろう。

posted by なすび at 21:35| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

初めて知ったこと

私の書斎は庭に面している。
開放感があって気分はいいが、夏暑く、冬寒い。
だから、もう炬燵を出してしまった。

母は居間に灯油ストーブを出した。
二人とも年寄だから我慢をしない。

今までは灯油を持って来てもらっていたが、車もあるから自分で買いに行った。
1缶は18ℓで、値段は1,000円程度・・・こういうことも初めて知った。

そういえば、庭にクモの巣が目立つようになった。
大きな巣が幾重にも張られて、歩行の都度頭に引っ掛る。
不思議に思って調べてみると、春生まれたクモが成長して、この時期もっとも大きくなっているとのこと。
身体が大きいから巣も大きくなる。
冬には死んでしまうから、今だけの辛抱である。

これも初めて知ったことである・・・と、炬燵に当りながらこの記事を書いている。


【猫好きのための付録】

DSC_1211.jpg
高いところが好きにゃ。

DSC_1212.jpg
でも、ここは高過ぎ。

DSC_1216.jpg
降ろしてにゃ〜ん。

posted by なすび at 11:37| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

矛盾を解決するもの

人里離れた山奥や海辺に住む人のブログが楽しい。
私もそのような場所に住みたいからだ。

書斎の窓から樹々や海辺が見える。
周りに誰もいない。
鳥のさえずりや波の音だけが聞こえる。
他人の気配がない静かな環境に憧れる。

しかし、そのような場所に生活するは大変だ。
買い物や外食もできず、日々の生活に苦労するのは目に見えている。
だから、現実に住もうとは思わない。
憧れのための憧れである。

ほどほど便利な場所に広大な土地を持っていれば、不便もせず静かな環境を手に入れることができるかもしれない。
しかし、それには大層金がかかる。
結局、憧れというのは矛盾したものなのだろう。
そして、その矛盾を唯一解決する手段は金ということになる。

posted by なすび at 23:08| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする