2016年09月24日

才能について

才能はある人にはあるが、ない人にはない。
何事かを始めて直ぐに「俺はこの分野では凄い、負ける気がしない」という感覚がなければ、その人は才能がないのだろう。

私には際立った才能はなかった。
ただ、「これは無理なくできる、得意だ」と思う程度の分野はあった。
それは一般の社会では十分通用するから、その分野を生かしてやってきた。

若いころは才能を切望していたが、中高年になるとそれほど願わなくなった。
食うに困る心配がなくなったことと、注目されても大層得になると思えなくなったからだ。

ただ、人を凌駕する分野があれば楽しいだろうと思う。
気分はいいし、熱中できれば、いい暇つぶしになる。
今はそんな感じである。

posted by なすび at 15:44| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

AKBもどき

ショッピングモールに出かけてみたら、ステージで「AKBもどき」が歌って踊っていた。
県出身者によるアイドルグループらしい。
歌とダンスの訓練はしているのだろう、それなりには上手である。

立ち止まって1〜2曲聴いたが、直ぐに飽きてしまった。
曲も平凡で、女の子もそれほど可愛くなかったからである。

中央から離れた地方の県でアイドルグループが存在しているのは意外だった。
私の県でやっているくらいだから、どこの県にもあるのだろう。
せっかくやるのなら、もう少し魅力的な子を集めたらいいと思う。

集める会社も商売だから、本人が熱心で、親もレッスン代などもって貰うのが前提だろう。
CDが売れる見込みはないから、親が金を出してくれない子であれば、そもそも話にならない。
結局、それなりの子しか集まらないのが現実だろう。

しかし、ショッピングモールやローカルイベントの「賑やかし」には丁度いい。
私も5分は楽しめたし、こうしてブログのネタにもなった。

posted by なすび at 21:49| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

知らん顔

暑さが過ぎ、やっと過ごし易くなった。
車で何度か遠出している。

青い海を見たり、

DSC_1261.jpg

寺社仏閣を訪ねたりしている。

DSC_1325.jpg


その間も様々な事件が起きているが、大筋は変わっていない。
核を持っている国が持っていない国を恐喝して金を毟っているだけ。
日本やドイツのように豊かな国は毟られても何とかなるが、中東やアフリカは厳しいだろう。

日本はもっと強気に出ればいいと思うが、国民の総意は私とは異なるのだろう。
頭を下げてみたり、金を出してみたり、自国民を騙してみたり、のらりくらりとしている。
実際にそれで何とかなっているから、それはそれで間違いではないのだろうが、私の趣味には合わない。
もう勝手にやってろという気分である。

黒猫のように知らん顔しているのが精神衛生上最良だ。

DSC_1317.jpg

posted by なすび at 15:43| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

自分の居場所を整える

私は直に座るのが好きで、自室では炬燵テーブルに座椅子の生活をしている。
夏場は庭に面した洋間に直接座椅子を置いていたが、そろそろ下半身が冷えるようになってきた。
ということで、畳マットを買ってみた。

DSC_1223.jpg

洋間の広さは6畳だが、3畳分だけ買って、その上に炬燵テーブルと座椅子を置いた。
3畳あると座椅子を倒して横になることもできる。
厚みもあるから、断熱効果はある。
新しいから青畳のいい香りもする。

1畳6,000円だから3畳で2万弱、それほど高いものでもない。
畳の織も雑で、繊維の撥ねも目につく。
しょせん何年かで買い捨ての品だろう。

それはそれで結構だ。
いつも過ごす部屋だから、3年快適に使えたら満足だ。
11月になればニトリでカーペットを買い、炬燵布団を掛ける。
真冬になれば石油ストーブもいるだろう。

実家に帰って半年だが、少しづつ自分の居場所を整えている。

posted by なすび at 21:36| Comment(2) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

車について

マツダからデミオの6ヶ月点検の案内が来た。
1ヶ月、6ヶ月までは無償で点検してくれる。
それ以降は有償になる。

私のデミオはガソリンモデルだから、リコールもトラブルもない。
極めて順調である。
まあ、日本車だからそんなもんだし、そうでなければ困る。

前回、前々回とトヨタ車に乗っていたが、トラブルはまったくなかった。
それぞれ10年位乗ったが、修理に出したことはない。
車検以外、自分でエンジンオイルを変えた記憶もほとんどない。

今回もそんなズボラな自分の性格を見越し、日本車で、技術の枯れたノーマルガソリン車を選んだ。
が、リタイアして精神的、肉体的余力があるせいか、車にはそれなりに気を配っている。

月1,000キロ以上走る。
洗車も月一回はする。
ウォッシャー液も補充した。
ディーラーにはいつでも行ける。
自分でも意外なほどマメだ。

細い道も苦にならず、燃費がよく、どこに駐車しても気遣いのいらないコンパクトカーが私の性に合っている。
その中で最も内装のよいデミオを選んだ。
概ね満足しているから長期で乗る気はあるが、数年後にもっと内装がよく、力のあるコンパクトカーが売り出されたら心が動くだろう。
その時は、「日頃、金を使うような生活をしていないから、車ぐらい贅沢をしてもいいだろう」と自分を納得させるはずだ。

posted by なすび at 16:53| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする