2016年07月31日

都知事選について

東京都知事は早々に小池に当確が出たようだ。
後半、鳥越が失速してからは「ほぼ決まり」だったので当然の結果である。

知名度、後援、メディアの報道姿勢からすれば、当選者は最初から小池、鳥越、増田の3人に絞られていた。
小池は韓国学校、外国人参政権などにはっきりと反対を述べたので、3人の中では最も保守に受けがよかった。
一番好まれるのは桜井誠だろうが、「当選の目がなさ過ぎる」という理由で小池を応援するネット保守メディアもあった。

しかし、それはネットの世界であり、多数の有権者の判断は以下のような感じだろう。
鳥越は政治家の資質を疑われ、女性スキャンダルによって自爆した。
増田は知名度が弱く、彼を応援する東京都連への不信感もあって最初から勝てない感じだった。
比較的傷が少なく、女性、自民党の応援がないチャレンジという要素が受けた小池が勝った。

さて、小池知事になるわけだが、もちろん問題はある。
彼女は「政界渡り鳥」と言われ、親分をころころと変えてきた人だから、まあ金と権力志向の典型的な政治家である。
当然、政治資金に問題があり、「金銭スキャンダル」に見舞われるだろう。
文春をはじめ各誌ネタは収集済みだと思われる。
猪瀬、舛添に続き3連続の金銭スキャンダル辞任がありそうだ。

問題はいつ炸裂するかであるが、私が週刊誌編集長なら当面は避ける。
たとえ事実であり、前任2者よりも問題が大きくても、3回続けて間違った選択をしたと認めることを都民が嫌がるからである。
有権者の自己正当化により、せっかくの砲弾が炸裂しない。
炸裂するには1年程度の冷却期間が必要だ。
だから、小池は1年のうちに都民の心を掴む必要がある。
それが被弾しない唯一の方法だろう。

posted by なすび at 21:40| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする