2016年07月11日

とりとめのない話

相変わらず地元観光を続けている。
他にしたいことがないのだからしかたがない。

最近は雨が降ったり、暑かったりで、移動はもっぱら車である。
3000キロ以上走っているのでデミオにも随分と馴染んできた。
コンパクトカーは小回りが利いて、燃費もいいので便利だ。

地方平日の観光地は人が少ない。
それがいい。
有名な観光スポットには案内のおじさん、おばさんがいる。
リタイアしたボランティアだろう。
彼らも暇だから同じく暇な私に付き合ってくれる。

私は歴史好きで、下調べもするタイプなので、彼らの表面的な説明では満足できない。
つい突っ込んだ話題を振って彼らを困らせている。

地方といえども観光地はきれいに整備され、無料ガイドまでいる。
無料で見せてくれる場所も多い。
日本は余裕のある国だ。

私はボランティアをするほど人間好きでも勤勉でもない。
退屈すれば家で酒でも飲んでいるだろう。

しかし、私のような人間ばかりでは詰まらないので、ボランティアをする人も必要だ。
世の中、私の邪魔にならない限り、いろいろな人がいた方がいい。

何だかとりとめのない話になった。
私の生活がとりとめがないのでしかたがないだろう。

posted by なすび at 17:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする