2016年07月31日

都知事選について

東京都知事は早々に小池に当確が出たようだ。
後半、鳥越が失速してからは「ほぼ決まり」だったので当然の結果である。

知名度、後援、メディアの報道姿勢からすれば、当選者は最初から小池、鳥越、増田の3人に絞られていた。
小池は韓国学校、外国人参政権などにはっきりと反対を述べたので、3人の中では最も保守に受けがよかった。
一番好まれるのは桜井誠だろうが、「当選の目がなさ過ぎる」という理由で小池を応援するネット保守メディアもあった。

しかし、それはネットの世界であり、多数の有権者の判断は以下のような感じだろう。
鳥越は政治家の資質を疑われ、女性スキャンダルによって自爆した。
増田は知名度が弱く、彼を応援する東京都連への不信感もあって最初から勝てない感じだった。
比較的傷が少なく、女性、自民党の応援がないチャレンジという要素が受けた小池が勝った。

さて、小池知事になるわけだが、もちろん問題はある。
彼女は「政界渡り鳥」と言われ、親分をころころと変えてきた人だから、まあ金と権力志向の典型的な政治家である。
当然、政治資金に問題があり、「金銭スキャンダル」に見舞われるだろう。
文春をはじめ各誌ネタは収集済みだと思われる。
猪瀬、舛添に続き3連続の金銭スキャンダル辞任がありそうだ。

問題はいつ炸裂するかであるが、私が週刊誌編集長なら当面は避ける。
たとえ事実であり、前任2者よりも問題が大きくても、3回続けて間違った選択をしたと認めることを都民が嫌がるからである。
有権者の自己正当化により、せっかくの砲弾が炸裂しない。
炸裂するには1年程度の冷却期間が必要だ。
だから、小池は1年のうちに都民の心を掴む必要がある。
それが被弾しない唯一の方法だろう。

posted by なすび at 21:40| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

自分が大事

60歳〜74歳の人に聞いたら、「幸せ」より「お金」が欲しいと答えたようだ。
「幸せ」、「お金」と漠然と聞いたアンケートだから、答えも漠然とイメージされるものなのだろう。

この年代の人に聞いたのだから、「幸せ」とは「よい夫婦関係・親子関係」だろう。
家族との繋がりに基づく幸福である。

一方、「お金」は「個人の自由」を意味するだろう。
働かない自由、旅する自由、恋愛する自由・・・自分が好きなことをする自由である。

要は「家族」より「自分」が大事と言っているわけで何の不思議もない。
独身の私は当然だが、孫がいる80過ぎの母もそんな感じである。

自分が大事・・・今の時代それが自然なのだろう。

posted by なすび at 22:35| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

紛争の嵐

世界各地でテロが横行している。
テロは力弱きものの抵抗だから実際は小さな戦争といってもいいのだろう。
空爆されている中東の人間が欧米に反逆の戦いを挑んでいる・・・。

しかし、実際はそう簡単な図式では割り切れない感じもある。
ISはアメリカ製の武器を使い、英語に長けている。
欧米のテロも白人の傭兵が関与しているという噂は消えない。
本当にイスラムテロだけなのだろうか。
だれが後ろで糸を引いているのか分かったものではない。

日本人も海外でテロの被害に会ってはいるが、少ないといえば少ない。
テロを恐れて海外に行かないなんて馬鹿々々しいといえば、そうかもしれない。
しかし、調べれば調べるほどトラブルを抱えた国は多く、本当の原因もよく分からない。
確かなことは日本ほど安全な国はないということだろう。

世界は紛争を求めている。
正しくいえば、権力を握っている超富裕層が武器を売り、インフラを壊し、新しい需要を作りたがっている。
そういう嵐の中に世界はあると思うのだが、台風の目のような無風地帯として日本があるのは有難いことだ。

posted by なすび at 10:14| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

庭にくる猫

我が家の庭にはセミ、アゲハチョウ、ハチ、クモなどが常駐している。
遠慮がちに野鳥も訪れるが、まったく遠慮がないのは猫である。

私の書斎は庭に面している。
さほど広い庭ではないから、猫サイズの生き物が動くと直ぐに分かる。

訪ねてくる猫は3、4匹だろうか。
みな単独かつ時間差行動である。
庭で寛ぐわけでもなく、通り道として利用している感じだ。

庭には2、3水鉢があるから、ついでに水を飲んでいくことが多い。
私は水を飲む後姿を書斎から密かに観察する。
カメラを取り出して写真を撮る機会を窺っている。

そんなことは猫も先刻承知だ。
私の動きに注意を払いながら水を飲み、終えると一瞥し去ってゆく。

首輪をしている猫は一匹だけで、他はしていない。
用心深いから野良猫なのだろうか。

生き物を再び飼う気はないから、エサをやったり、手なずけることはしない。
部屋の中から一日数回訪れる猫たちを観察する。
今はそれで満足だ。

posted by なすび at 22:02| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

トルコのクーデターについて

朝、ネットでトルコで軍事クーデターが起きていると聞いて驚いた。
トルコはG20にも属している国だから、世界の中堅国以上といえる。
そんな国で軍事クーデターとは一体どうなっているのだろうと思った。

ネットでググっていると、以下の情報が目についた。
 ・トルコの軍部は首相の言うことを聞かない、建国者の理念を維持したい
 ・現在の大統領はイスラム主義の強い法律を押し付け、マスコミをコントロールしてる
 ・これは世俗的、要はゆるい宗教観の元に建国されたトルコ共和国の理念に反している
 ・軍部は大統領を排除する必要があると決めて、クーデターに乗り出した
 ・クーデターはトルコの歴史では珍しいことではなく、同じ理由で過去に何回か起きている
 ・おそらく軍の目的は世俗的な人物を政府の中に送り込むこと
 ・トルコの警察は政府の犬なので、現在軍と交戦している

私的には今のところこれが一番実情に近いのではと思っている。
(ちなみに、軍事クーデターは60年、71年、80年、今回の4回目である。)

いずれにしても、国内がイスラム主義強硬派と世俗派に二分しているのは確かだろう。
保守派と親欧米派といえるのかもしれないが、私にはよく分からない。

政権交代を求めて軍が動く・・・今の日本ではとても考えられない。
世界の中堅国といえども、このレベルであるのは確かなようだ。


【後記1】
 クーデターは一日を待たず鎮圧されてしまった。
 民意は現政権の方にあったようだ。
 私はビールを飲みながら何度もググり、新しい情報を探していた。
 暇だったからである。
 クーデター軍の将校たちは痺れるような夏の一夜を過ごしただろう。
 そして今頃は過酷な尋問を受けているはずだ。

【後記2】
 トルコは裏で糸を引いていたとアメリカを非難している(根拠もなく言える相手ではない)。
 アメリカは否定しているが、過去の中東での行いをみると、「関与していた」と考えるのが自然だろう。
 オバマが直接指示をしたとは思えないが、見て見ぬ振りをすることはあるだろう。
 アメリカとはそういう国だからである。

posted by なすび at 12:24| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする