2016年06月26日

イギリスの傾向について

イギリスEU離脱の投票結果について、幾つかの傾向があるようだ。
私なりに分析してみる。

@イングランドは離脱が多く、他の地域は残留が多い
 他の地域とはスコットランド、北アイルランド、ウェールズである。
 これらの地域はブリテン島の原住民で、現王室が大陸から渡ってきたときに征服された層である。
 イングランドに反発が根強く、独立の意識も強い。
 文化は異なるし、民族もたぶん違うと思う。
 彼らはEUに残留したいというよりは反イングランドで、イングランドとは違う選択がしたかったという気がする。

A田舎は離脱が多く、都市は残留が多い
 都市は金持ちが多い。
 金持ちはグローバリズムから恩恵を受けるので残留である。
 また、都市は移民やその子孫が多い。
 ロンドンなど半分は非白人のようである。
 移民系はグローバリズムに共感があるだろう。
 そもそも、そのおかげで貧しい国から渡ってイギリス人になれたのだから。

B老人は離脱が多く、若者は残留が多い
 これはよく分からない、私は逆だと思った。
 移民の安い労働力によって職を奪われるのは若い未経験層だからだ。
 あえてこじつけるなら若年層に非白人が多いからだろうか。
 白人は子供を産まないが、非白人はたくさんの子供を産む。
 イギリスは若年層ほど非白人の率が高いと思われる。
 そのうちヨーロッパは有色人種の国になるだろう。

posted by なすび at 20:14| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする