2016年06月23日

きれいごとを信じてはいけない

最近、欧米の話題は、イギリスのEU離脱とアメリカ大統領選。
ともにグローバリズムと反グローバリズムの争いである。

グローバリズムは「世界は一家、人類はみな兄弟」と聞えはいいが、結局金持ちがさらに金持ちになるシステムである。
それが皆分かってきたので、欧米の庶民が反旗を揚げ出したのだろう。
しかし、金持ちはメディアも抑えているし、怪しげな暗殺劇も平気で指示できるから強敵である。
とにかく騙しのプロだから勝ったと思っても、気が付けばまた違う論法で騙されている可能性もある。
厄介な人たちである。

グローバリズムとは左翼思想であろう。
左翼思想の建前は「みな平等」なのだが、結果はいつも「独裁」であり「貧富の格差」である。
宗教も似ている。
きれいごとを信じてはいけないということだろう。

若者や貧しい人はきれいごとを信じ易い。
若者は経験が足らないためだし、貧乏人は藁にでもすがりたいためだ。
金持ちの餌食である。

私くらいの年齢(55)になると簡単には騙されない。
気質的にもリアリストだから、要は損得勘定でしか判断しない。
人を騙して楽をしたい気はなくもないが、大金儲けをするほどの根性はない。
私のような人間ばかりだと真に平等で平和な世界になると思うが・・・たぶん自惚れているのだろう。

posted by なすび at 22:19| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする