2016年06月09日

そんなことか、つまらない

若いころ、私は「おべんちゃら」に弱い人間だった。
「おべんちゃら」を言われると、単純に自分のことを高く評価してくれている、自分の真の姿(?)を分かってくれていると思い、その人を信用したものである。
実際は私に多少利用価値があり、私から利益を引き出したくて持ち上げただけだろう。

しかし、私にはそれが分からなかった。
私自身「おべんちゃら」を言う習慣がなかったからだ。
多少の損得のために、心にもないことを言うなんて思いもよらなかった。
だから他人が私を褒めると、すべて本当のことと勘違いしたのである。
もちろん、それが自分にとって都合がよかったこともある。

やはり人間は自分のすることを基準に他人を見るしかない。
自分がしないことは他人もしないと思う。
また自分がすることは他人もすると思う。
それしか方法はないので概ね間違いではなかろう。

若い私に問題があったとすれば、私に「おべんちゃら」を言う習慣がなかったことだろう。
一般的にいえば「プライド高過ぎ」な若者だったと思う。

この性格によって損をしたことは間違いない。
人に騙されて金銭を失ったこともある。
先輩に遠ざけられ、よいポジションを貰えなかったこともある。

リタイア後、実家に帰って母と接するに、どうもこの性格は私の家族に共通のものらしい。
遺伝子なのか、家庭環境なのか、とにかく家から引き継いだことは間違いなさそうだ。
私の若かりし頃の悩みのもとは結局「家庭の習慣」を引き継いだだけのことである。

そんなことか、つまらない。
過去にそれなりに悩み苦しんだだけに何だかがっかりである。

posted by なすび at 21:34| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする