2016年06月26日

イギリスの傾向について

イギリスEU離脱の投票結果について、幾つかの傾向があるようだ。
私なりに分析してみる。

@イングランドは離脱が多く、他の地域は残留が多い
 他の地域とはスコットランド、北アイルランド、ウェールズである。
 これらの地域はブリテン島の原住民で、現王室が大陸から渡ってきたときに征服された層である。
 イングランドに反発が根強く、独立の意識も強い。
 文化は異なるし、民族もたぶん違うと思う。
 彼らはEUに残留したいというよりは反イングランドで、イングランドとは違う選択がしたかったという気がする。

A田舎は離脱が多く、都市は残留が多い
 都市は金持ちが多い。
 金持ちはグローバリズムから恩恵を受けるので残留である。
 また、都市は移民やその子孫が多い。
 ロンドンなど半分は非白人のようである。
 移民系はグローバリズムに共感があるだろう。
 そもそも、そのおかげで貧しい国から渡ってイギリス人になれたのだから。

B老人は離脱が多く、若者は残留が多い
 これはよく分からない、私は逆だと思った。
 移民の安い労働力によって職を奪われるのは若い未経験層だからだ。
 あえてこじつけるなら若年層に非白人が多いからだろうか。
 白人は子供を産まないが、非白人はたくさんの子供を産む。
 イギリスは若年層ほど非白人の率が高いと思われる。
 そのうちヨーロッパは有色人種の国になるだろう。

posted by なすび at 20:14| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

きれいごとを信じてはいけない

最近、欧米の話題は、イギリスのEU離脱とアメリカ大統領選。
ともにグローバリズムと反グローバリズムの争いである。

グローバリズムは「世界は一家、人類はみな兄弟」と聞えはいいが、結局金持ちがさらに金持ちになるシステムである。
それが皆分かってきたので、欧米の庶民が反旗を揚げ出したのだろう。
しかし、金持ちはメディアも抑えているし、怪しげな暗殺劇も平気で指示できるから強敵である。
とにかく騙しのプロだから勝ったと思っても、気が付けばまた違う論法で騙されている可能性もある。
厄介な人たちである。

グローバリズムとは左翼思想であろう。
左翼思想の建前は「みな平等」なのだが、結果はいつも「独裁」であり「貧富の格差」である。
宗教も似ている。
きれいごとを信じてはいけないということだろう。

若者や貧しい人はきれいごとを信じ易い。
若者は経験が足らないためだし、貧乏人は藁にでもすがりたいためだ。
金持ちの餌食である。

私くらいの年齢(55)になると簡単には騙されない。
気質的にもリアリストだから、要は損得勘定でしか判断しない。
人を騙して楽をしたい気はなくもないが、大金儲けをするほどの根性はない。
私のような人間ばかりだと真に平等で平和な世界になると思うが・・・たぶん自惚れているのだろう。

posted by なすび at 22:19| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

それなりに楽しかった

ブログの更新が滞っている。
理由は簡単で、日々の生活に変化がないからである。
なにより頭の状態に変化がない・・・。

朝起きてコーヒーを飲む。
ネットを少々見て、車か自転車で出かける。
観光をして、昼は外食。
3時位に家に戻り、金麦を飲みながらネット。
母が作った夕食を食べた後は風呂、そして明日のスケジュールを決める。
夜は早めに寝る。

基本頭は使わない。
当面生活に困らないし、しなければならないこともない。
資産運用も面倒だからしない。

考えるのは暇つぶしの方法だけ・・・と言いたいが、考えて暇がつぶせるわけもない。
思いついたことをするだけだ。
私のような暇人は思考よりも感覚を大事にしたほうがいい。
思考は結局「過去の万人受けする成功事例」を教えてくれるだけだ。

今日はアジサイを見て、ラーメンを食べた。
江戸時代の商家を見学した。
それなりに楽しかった。

DSC_0908.jpg

posted by なすび at 20:26| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

子供返り

私の母は84歳である。
普通に動けるし、おかしなことを言うわけではない。
疲れない程度に出歩いたり、社交も好きな感じである。
まずは結構なことだ。

しかし、84だから肉体が衰えるのはしかたがない。
そして、脳も確実に衰えている。

一番に感じるのは「子供のように利己的」になっていることだ。
自分が好きなことに対する記憶は確かだが、興味がないことは驚くほど忘れる。
家族が母の意向と異なることしたり、言ったりしたら、すぐに機嫌が悪くなる(そしてキレやすい)。
理屈を説明しても理解する気がなさそうである。
はっきりとは言わないが、家族の損得より自分個人の損得のほうが大切な感じである。

人柄が変わったとは思わないが、昔は理性で制御していた部分が弱まってエゴが相当前に出てきたようだ。
残念ではあるが、これが老化というものだろう。
私も姉も母に対するイメージを変えていかないとならない。

「歳をとると子供返りする」というがその通りだろう。
ボケも意外と近いかもしれない。
そろそろ心の準備が必要だ。

posted by なすび at 11:26| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

そんなことか、つまらない

若いころ、私は「おべんちゃら」に弱い人間だった。
「おべんちゃら」を言われると、単純に自分のことを高く評価してくれている、自分の真の姿(?)を分かってくれていると思い、その人を信用したものである。
実際は私に多少利用価値があり、私から利益を引き出したくて持ち上げただけだろう。

しかし、私にはそれが分からなかった。
私自身「おべんちゃら」を言う習慣がなかったからだ。
多少の損得のために、心にもないことを言うなんて思いもよらなかった。
だから他人が私を褒めると、すべて本当のことと勘違いしたのである。
もちろん、それが自分にとって都合がよかったこともある。

やはり人間は自分のすることを基準に他人を見るしかない。
自分がしないことは他人もしないと思う。
また自分がすることは他人もすると思う。
それしか方法はないので概ね間違いではなかろう。

若い私に問題があったとすれば、私に「おべんちゃら」を言う習慣がなかったことだろう。
一般的にいえば「プライド高過ぎ」な若者だったと思う。

この性格によって損をしたことは間違いない。
人に騙されて金銭を失ったこともある。
先輩に遠ざけられ、よいポジションを貰えなかったこともある。

リタイア後、実家に帰って母と接するに、どうもこの性格は私の家族に共通のものらしい。
遺伝子なのか、家庭環境なのか、とにかく家から引き継いだことは間違いなさそうだ。
私の若かりし頃の悩みのもとは結局「家庭の習慣」を引き継いだだけのことである。

そんなことか、つまらない。
過去にそれなりに悩み苦しんだだけに何だかがっかりである。

posted by なすび at 21:34| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする