2016年05月29日

ニュースに飽きた

最近、ニュースに興味がなくなった。
理由は「政治・経済の仕組みが大体分かった」「世の中は簡単に変わらない」ということだろう。
要は飽きたのである。

専門を極める人は更に細部を知ろうとするだろう。
が、私にはそんな気はない。
大体分かればそれで満腹である。

中国共産党や北朝鮮金王朝が崩壊すれば興味が蘇るかもしれない。
が、そこまで大きな変化は起きそうもない。
「そうなるだろう」と予想される方向にゆっくりと「そうなっている」だけである。

ソ連やベルリンの壁崩壊はショッキングな大ニュースだった。
しかし、今の世の中はすぐに情報が漏れ伝わり、様々な角度から分析されるから「唐突な事件」は発生しにくいのかもしれない。
中国共産党が倒されるにしても、数年も前から事情が詳細に流され、実際に崩壊したときは「やっと倒れたか」と感じることになるだろう。

私は「虎の門ニュース」「チャンネル桜」「おはよう寺ちゃん」「ザボイス」をユーチューブで聞いている。
全部ではない。
好きなコメンテーターが興味のある話題を取り上げているときだけだ。

それで私には十分だ。
世の動きが分かった気になる。
世の進む方向は大体イメージできるから、あとはコメンテーターのコメントでその進捗を確認するという感じである。


【追記】
 リタイアして他人に興味がなくなった。
 それがニュースが詰まらなくなった最大の理由かもしれない。

posted by なすび at 21:28| Comment(17) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする