2016年05月05日

猫の人気が高いわけ

最近はペットとして犬より猫のほうが人気が高い。
私が子供のころはペットといえば犬だったから、ここ40年で大きく変わったことのひとつだろう。

理由はいろいろ考えられるが、私は騒音に対する意識の変化を挙げる。
犬は吠えるが、猫はそれほど音を出さない。
犬は外飼いが多いが、猫は家飼いが多い。
だから、隣近所の迷惑を気にする人は猫を室内飼いするだろう。

昔はピアノにしても何にしても音を出し放題で、それを注意し難い雰囲気があった。
社会全体が音にルーズであった。
国が発展して、各地で工事や家の新築をしていたからかもしれない。

しかし、最近は無闇に大きな音を立てることはよくないという意識が浸透したきた。
日本自体が落ち着いて、成熟してきたともいえるだろう。

私は騒音に敏感で、たてるのもたてられるのも嫌いなたちだから、この傾向は非常に歓迎である。
私は「騒音=暴力」という認識である。
山の中の一軒家の魅力を挙げるとしたら、まず真っ先に騒音がないということだろう。

posted by なすび at 12:58| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする