2016年04月23日

地方の観光スポット

地方でも「近場の観光ニーズ」はあるし、「町おこし」をしたい地域もある。
かといって、京都や奈良のように名のあるスポットが多数存在しているわけでもない。
大々的なコマーシャルを打ったり、大きな施設を作る資金もない。
手っ取り早いのが、特定の花を多数植えることである。

先日、母と行ってきたのも、そんな「しゃくなげ園」だった。
昔から湯治場はあったが、県内には他にもっとメジャーな温泉地がある。
場所も辺鄙だ。
客寄せとして、山の斜面にしゃくなげを多数植えた。
これがそこそこヒットしたようだ。

DSC_0258.jpg

温泉に入って、食事をして、しゃくなげを見て帰る。
しゃくなげ園はタダだから、掛かるのは立ち寄り湯代と食事代だけである。
帰りに道の駅で地元の野菜と野草の鉢を買った。
それでも、ちょっと観光した気分になる。

残念なのは、しゃくなげが4月にしか咲かないことだろう。
他の季節は客寄せがない。
私の県には、そういう場所が多数ある。
牡丹の寺、アジサイの寺・・・その季節だけ人で賑わうが、あとは閑古鳥が鳴いているだろう。

とはいえ、牡丹の寺、アジサイの寺にも、その季節に行ってみるつもりである。
そういう場所で必ず目にするのが、介護士に連れられたホームの老人たちである。
私も将来お世話になるだろうから、温かく接したいと思っている。

posted by なすび at 18:04| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする