2016年04月16日

地方で車は必須か

自宅から市の中心部まで4キロ程度、基本自転車で移動する。
小回りが利くし、駐車場を気にしなくていいからだ。
もちろん、多少アルコールが入っていても問題ない。

場合によっては、7〜8キロの範囲も自転車を利用することがある。
天気が良くて、運動したい気がするときに限るが。
そうなると、自転車で市内のほぼ全域をカバーすることになる。

車は市外に行くときにしか使わない。
市内は、母を連れて行く場合、大きな荷物がある場合しか利用していない。

車にしても、自転車にしても、移動するときは大半遊び目的である。
徒歩5分の距離に大型スーパーがあるから、日常はそこで事足りる。
リタイアしたから通勤とは無縁である。
小さな子供がいないから病院や学校に連れて行く必要もない。

一口に地方と言っても、私のような環境なら車は必須ではない。
遊びに行きたいときだけレンタカーを利用したほうが安い。
それでも大半の人は車を保持している。
近所で車を持っていないのは80近くの老夫婦だけだ(それも最近手放した)。

理由はよく分からない。
地方には私のように5キロ以上も自転車に乗る人が少ないからだろうか。
レンタカー屋に行くにもタクシーを使わないとならないからだろうか(確かにこれは現実的でない)。
近所に大型スーパーとレンタカー屋があれば、地方といえども車は必須でないが、この条件を満たす場所は少ない。


【追記】
 結論が抜けていた。
 生活するだけであれば地方でも車が必須でない地域もある。
 しかし、それでは詰まらない。
 やはり移動して遊びたいからである。

posted by なすび at 10:58| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする