2016年04月14日

地方の食について

事前に予想されたことではあるが、地方は外食がイマイチである。
値段が高いわりに不味い。
たまに、そこそこの値段でマシなものを食わせる店があると大繁盛である。
都会を10とすると、せいぜい6のレベルである。

スーパーの食材はそれほど高くもなく、不味くもない。
海沿いの町なので魚関係はむしろ安くて、旨い。
しかし、品揃えが少ないのは否めない。
都会を10とすると、8のレベルである。

今は母が食事を作ってくれるから、関西にいたときよりは充実している。
ごはん、汁物、主菜、副菜という王道の食事ができている。
しかし、私一人になったら不安である。
外食やスーパーの惣菜が中心になりそうだ。

さきのことを考えると憂鬱になってきた。
私には自動運転車よりも料理ロボットが必要だ。

posted by なすび at 03:42| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする