2016年02月24日

アメリカの大統領選について

アメリカの大統領選がおもしろい。
共和党も民主党も「金持VS庶民」の戦いになっているからである。

金持は仲間の金持とつるんでグローバル化を進める。
ヒラリーが典型だろう。
金持政治家は格差を拡大する施策を行うので、一般庶民は不満である。
よって、庶民派のトランプ(共和)、サンダース(民主)が予想外の人気を集めている。

トランプもサンダースも党は違うが、政策は似ている。
格差を縮小し、普通のアメリカ人が幸福になることを主張している。
古き良きアメリカを目指している感じがする。

トランプは不法移民を排除し、犯罪率の高いイスラム教徒の入国を一時停止すると言っている。
不法は取り締まるのが当然だし、犯罪率が高い国の人を隣人として迎えたい人はいないだろう。
私にはいたって当然と思えるが、人権の皮を被った金持グローバリストにとっては「とんでも」発言のようだ。
移民は安く雇えるし、戦場にも行ってくれる都合のよいツールであるからだ。
彼らの味方である日本のマスコミはトランプがお嫌いなようである。

アメリカは金持が勝つ社会だから、結局ヒラリーが大統領になるのかもしれない。
でも私はトランプやサンダースを贔屓にしている。
アメリカが変われば日本も変わる。
ヒラリーでは何も変わらない。
日本が変わるとすれば、それは「戦後レジュームからの脱却」・・・であって欲しい。

posted by なすび at 18:36| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする