2016年02月24日

アメリカの大統領選について

アメリカの大統領選がおもしろい。
共和党も民主党も「金持VS庶民」の戦いになっているからである。

金持は仲間の金持とつるんでグローバル化を進める。
ヒラリーが典型だろう。
金持政治家は格差を拡大する施策を行うので、一般庶民は不満である。
よって、庶民派のトランプ(共和)、サンダース(民主)が予想外の人気を集めている。

トランプもサンダースも党は違うが、政策は似ている。
格差を縮小し、普通のアメリカ人が幸福になることを主張している。
古き良きアメリカを目指している感じがする。

トランプは不法移民を排除し、犯罪率の高いイスラム教徒の入国を一時停止すると言っている。
不法は取り締まるのが当然だし、犯罪率が高い国の人を隣人として迎えたい人はいないだろう。
私にはいたって当然と思えるが、人権の皮を被った金持グローバリストにとっては「とんでも」発言のようだ。
移民は安く雇えるし、戦場にも行ってくれる都合のよいツールであるからだ。
彼らの味方である日本のマスコミはトランプがお嫌いなようである。

アメリカは金持が勝つ社会だから、結局ヒラリーが大統領になるのかもしれない。
でも私はトランプやサンダースを贔屓にしている。
アメリカが変われば日本も変わる。
ヒラリーでは何も変わらない。
日本が変わるとすれば、それは「戦後レジュームからの脱却」・・・であって欲しい。

posted by なすび at 18:36| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

看板に偽りなし

反日サヨク政党が共闘するようである。

民主はおバカな上流志向、維新はその仲間割れ、共産は裏のある庶民派だろう。
他は数のうちに入らない。

まずは、民主と維新が合併するようである。
両者は権力闘争で分派しただけだ。
維新という名も紛らわしいから、さっさと一緒になるがいい。
名を変えても中身は変わらないから、合わせて旧来の民主でいいだろう。
名を覚えるのも面倒である。

面倒ついでに、共産も民主と一緒になったらいい。
このときは、さすがに名を変えざるを得まい。
共産は高学歴が多いから、民主なんて馬鹿にしているだろうし。
おススメは「反日」である。
看板に偽りはないほうがいい。

自民VS反日・・・素晴らしい、マスメディアが望んだ二大政党ができあがる。

自民にも中韓が大好きな反日政治家が多い。
面倒だから、この際、反日党に合流したらいかがだろうか。

彼らも政権与党から移るわけだから、プライドがある。
反日党というわけにもいくまい。
素直に「中韓党」でいかがだろうか。
反日党も親中韓だから納得だろう。

そうなると自民も名を変えざるを得ない。
ストレートに「国民党」である。

国民党VS中韓党・・・なんだか台湾の逆バージョンのようだ。
看板に偽りはないから、これでいいのだろう。

posted by なすび at 14:27| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

マイナス金利に反対する人

日銀のマイナス金利政策については賛否両論ある。
結果も日銀が意図したとおり(円安)に動いているかどうかも分からない。

しかし、本来利子のつかない当座預金に金利をつけていたわけだから、廃止されて当然である。
国民の税金を使って銀行を助けていたわけだ。

この政策によって、銀行の経営は厳しくなる。
普通の会社であれば皆受け止めている当然の厳しさである。
銀行は普通の会社と違って潰れたら影響が大きいから、潰れない程度の厳しさであれば問題ない。

この政策を批判しているのは銀行系の人である。
また、財務官僚も銀行とつるんでいるから反対である。
利権を手放したくないから当然だろう。

実際はすべての日銀当座預金をマイナス金利にしたわけではない。
ほんの一部である。
にも関わらず、一般預金者の金利を下げたのは銀行側の仕返しと考えていいだろう。
そんな力があるのなら、融資を求めている優良な中小企業を探す努力をして欲しいものだ。

posted by なすび at 18:15| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

怪しい事件

自民党の山田賢司議員の金銭疑惑を告発 元公設秘書が不審死か

自民党の山田賢司議員の元公設秘書が車の中で練炭自殺を図ったとのこと。
この元秘書は数か月前から山田議員の金銭疑惑を自身のブログで暴露し、裁判所に告訴もしていた。
自殺にも関わらず、身元が分からぬほど遺体の損傷が激しいらしい。
怪しい事件である。

政治家は選挙のために常にお金を必要としており、叩いて埃が出ない人は一人もいない。
政治家秘書なら先刻ご承知であるし、彼ら自身が手先となって動いている実行犯である。
内部告発すれば自身も罪に問われるし、主人を裏切った男として二度と政界で仕事ができなくなる。
だから、よほどのことがないと暴露などしない。
そう考えると、正義感にかられた元秘書が告発し、それを迷惑に思う議員側が彼をポアしたという単純な話ではないような気がする。

私の推理はこんな感じだ。
山田議員を好ましく思わない勢力があり、元秘書を焚き付けて裏切らせた。
その代償として元秘書が反権力の政治家として立つことを応援する約束をした。
もともとその勢力は元秘書を応援する気などなかったし、適当なタイミングで彼をポアするつもりだった。
山田議員を貶めたら、それで目的を達成するからである。
その勢力とは金もあり、政治力もあり、闇とのつながりもある勢力であろう。

山田議員は西宮・芦屋の選出で、ここはもともと「拉致など存在しない」と言い切った土井たか子の地盤であった。
山田議員は保守色の強い政治家で、反日外国人をヘイトする失言も何度かあったようだ。
彼を憎む勢力とは・・・もはや言う必要もないだろう。


【追記】
 この事件は大手メディアではまったく報道されていない。
 政権による報道規制という人もいるが、そうであれば山田氏よりも大物の甘利問題が表に出るはずはない。
 警察も「裏がある」ことに気づいているからだろう。
 大手メディアが遠慮して報道しない犯人とは・・・たぶん私の予想が正しいのだろう。

posted by なすび at 17:57| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

なるようにしかならない

人間持って生まれたものがあるから、無理をしても大した進展は期待できない。
しかし、無理をしなければ生活を賄うこともままならない。
少しの無理ならまだいいが、大きな無理を続けることは辛い。
できれば少しの無理で一生を終えられたらと願う。
誰しも考えることだろう。

私は子供の頃から人に頭を下げたり、組織に縛られることが嫌いだったので、大人になると辛いことになる予感はあった。
浪人をしたのも、芸術に関心を持ったのも、大人になることから逃げ出したかったからだろう。

その予感通りの人生になったかというと、実際はそうでもない。
真っ青になったり、怒りや屈辱に震えることは何度かあったが、それなりにやり過ごすことはできた。
会社に行くのが嫌でしかたがない期間もあったが、得意絶頂の瞬間も幾度かあった。

そこそこの大学を出て、大企業に勤められたことが大きかったと思う。
個人で稼げるとはまったく思えなかったから、安易に会社を辞めなかったのもよかった。
結婚をしなかったから、それほど節約に励まなくても55でリタイアすることができそうだ。
これが私の命運だったのだろう。

他人に過度な期待は禁物であるように、自分にも過度な期待は禁物である。
歳を取れば諦めとともに納得することだが、若者がそれを受け入れることはできない。
私もそうだった。
要はなるようにしかならないということだろう。

posted by なすび at 18:05| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする