2016年01月28日

国民の僕

甘利大臣が辞任するようだ。
結構なことである。
トラップであることは確かだろうが、だからといって金を受け取っていいわけではない。

政権にとっては痛手だろうが、これを機に十分反省してほしい。
日韓合意、中国への植林援助、スワップ交渉など、最近は民意を無視した独断が目立つ。
政治家、官僚は国民の僕である。
民意に反することをするときには、時間をかけ、誠意をもってその理由を説明する必要がある。

安倍首相は保守派の応援があってリベンジできたわけである。
彼自身もその立場をわきまえて、謙虚に国民の意見を聞いてきた。
が、最近は変な自信がついたのか、思い上がりが目立つ。

国民が求めているのは安倍政権ではなく、民意を反映してくれる政権である。
そのことを重々忘れないで欲しい。

日本の政治家、官僚、マスコミに信念などない。
隙あらば、楽な方へ、自分が得する方へ、そして長いものへ巻かれようとする。
彼らが勝手なことをしないように国民はしっかりと監視し、叱咤激励する必要がある。


【追記】
 安倍首相は参院選の公約に「憲法改正」を挙げた。
 この公約を日韓合意で裏切った保守派に対する懐柔という人もいる。
 別に懐柔であっても構わない。
 国民が納得する政策をしてくれればそれでいい(改憲が多数派かどうかは疑問だが)。
 政治家、官僚には「国民を裏切ったら怖い」ことを肝に銘じさせる必要がある。

posted by なすび at 22:52| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする