2016年01月21日

大人しく過ごす一年

今年一年は世界的に「乱れる年」と言われている。
オバマの任期があと一年で終わるからだ。

オバマは「アメリカの若者を戦場に送らない」と言って当選した大統領だ。
実際、過去7年は戦争に消極的であった。
アメリカ国内にはその反動が溜まっている。
戦争したくてしかたがない勢力が手ぐすねを引いて待っている状態だ。
次の大統領が誰になろうと、再び好戦的な状態に戻ることは必至だろう。

反米勢力としては、アメリカが「世界の警察」に復帰するまでの一年、「やれることはやっておこう」という考えだろう。
少しでも勢力を伸ばし、来年以降のアメリカと対峙するという心構えだ。
だから、各地でテロや紛争が多発する。

ロシア、イスラム国、北朝鮮などが仮想敵国なのだろうが、一番怖いのは欧米内にいる好戦的勢力かもしれない。
いずれにしても、日本国内で大人しくしておいたほうがいい一年であることは間違いない。

posted by なすび at 21:57| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする