2016年01月13日

ヨーロッパも壊れてしまった

移民が引き起こしたケルン事件とロザラム事件 欧州で起きている現実

ヨーロッパで恐ろしい事件が起きている。
移民による集団女子暴行事件だ。

犯人の移民が恐ろしいのは当然だが、もっと恐ろしいのは政府、警察、マスコミがこの事実を隠蔽しようとしていることだ。
国民を騙して移民推進をしてきた手前、移民の犯罪がバレてはマズいのだろうか。
人道主義に凝り固まって、自国民の被害など全く気にならなくなっているのだろうか。
(日本にも同じような構図がありますな。)

自国民の人道より外国人の人道の方が大切になれば、その国はお仕舞である。
「完全に狂っている」と言わざるを得ない。

ドイツやイギリスでは事件の報道規制はまだ続いているようである。
ヨーロッパも壊れてしまったということだろう。


【追記】
 スイスやフィンランドでも同様の事件が起きているようだ。
 日本をヨーロッパのようにしてはいけない。

posted by なすび at 21:45| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする