2016年01月11日

神のような存在

この世に天才といわれる人はいる。
企業家であれ、スポーツ選手であれ、アーティストであれ、大成功を収めた人は皆天才である。
しかし、彼らは限られた範囲の中の逸材であり、その分野から離れたらただの人に過ぎない。
この世の森羅万象に君臨する「神のような存在」ではない。

現代「神のような存在」がいるとすれば、私は天才ハッカーだろうと思う。
この世の重要な情報の大半はデジタル化され、インターネット上にある。
巨大なインフラも、大量破壊兵器もネットを通して制御されている。
だから、強固なセキュリティを掻い潜り、あらゆるコンピュータを自由に扱え、しかも正体を完璧に隠すことができる人がいるとすれば、その人は無限の金と力を手にすることができる。

もし私が「神のような」天才ハッカーであれば、何をするだろうか。
銀行ネットワークに侵入すれば、金は無限に手に入る。
銀行強盗には違いないが、絶対ばれないと分かっていれば誘惑に打ち勝つことは難しい。

しばらく贅沢三昧して遊んだら、退屈を感じてくるだろう。
退屈しのぎに、傲慢なアメリカ、ロシア、中国などを脅してみたいと思うかもしれない。
主要な兵器の大半が私のコントロール下にあることを知れば・・・真っ青になり、なんでも私の言うことを聞くだろう。
アメリカには「日本に核を持たせろ」、ロシアには「北方領土を返せ」、中国には「反日を止め、尖閣から手を引け」と要求する。
そんなことを要求すれば、私が日本人であることが丸分かりだろう。
かえって日本に迷惑が掛かるかもしれない。
まあ、嫌いな国家を脅して遊ぶという感じである。

私の空想はこの辺で切れかかっている。
どなたか膨大な想像力と権力欲を持たれている方がいれば、トライしてみてはいかがだろうか。

posted by なすび at 14:30| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

テレビのタブーについて

テレビが面白くない。
理由は簡単で、タブー(放送しないこと)が多過ぎるからである。

私は保守だから、中国や韓国に不都合なことが放送されないのは腹立たしい。
しかし、それ以外にも、官僚、スポンサー、宗教団体、同業他社など「報道しない自由」が行使されている。
これだけタブーがあっては、面白い番組など作りようがない。
悪口(批判)の言えない飲み会がいかにつまらないか・・・。

面白くなければ、その番組、しいては放送局が衰退することになる。
面白い番組、面白い局に取って代わられる。
しかし、テレビ局は認可制で、事実上新規参入ができない。
競争原理が働かない状態である。
だから、どの番組もどの局も面白くないのである。

ネットが面白いのは、このタブーが少ないからだ。
ネットでもメジャーになると、周囲に配慮して段々堅苦しくなる。
そうなると面白くなくなるのだが、新規参入は自由である。
マイナーで、エッジの立ったサイトがどんどん現れてくる。
それもメジャーになればつまらなくなると思うが、新陳代謝はいくらでも効くのである。

競争原理が働かない業界は必ず腐ってくる。
テレビもその一つだろうが、ネットという強敵が現れても、対策を打とうという感じでもない。
私がオーナーなら、中韓というタブーを取り払い、事実を客観的に報道をする。
別段保守に寄らなくても、それだけで人気の番組、局になると断言できる。
それが分からないのか、分かっていてしないのか、あるいはできないのか・・・私には理解不能である。

posted by なすび at 18:45| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

世界の混乱をじっくり観察してやる

新年早々世界各地で問題が発生しているようだ。
平和で経済的に安定している日本に住んでいる私は・・・正直他人事である。
習近平が真っ青になっていようと、サウジアラビアの王が右往左往していようと、金正恩が得意満面だろうと、主要国の首脳が睡眠不足になろうと、私には関係ない。

安倍首相が愚かな判断をしたために、日本人は「処女強姦魔」の子孫にさせられてしまった(しかも、朝鮮女好き)。
これだけは気分が悪いことである。
当分、欧米には行く気がしない。
もちろん、中韓には金輪際行かない。
陰口を言われるのが嫌だからである。
海外に住んでいる日本人は可哀そうだ。
子供もいじめにあうだろう。

株は酷い下がりようだ。
所有している自社株も大きく値を下げた。
当面売るつもりもなかったが、次に値を上げるのはいつになるか分からない。
半年前に売っておけばよかったと後悔がよぎる。

世界が乱れると円が上がるのは妙だ。
財務省によると日本は経済破綻の危機ではなかったのか。
危機の国の国債が買われるとは不思議な話だ・・・官僚も政治家も嘘つきばかりである。

今年は昨年来の火種がさらに弾ける年になるだろう。
リタイアして暇になるから、ニュースを確認する時間は十分ある。
比較的安全な日本から、世界の混乱をじっくり観察してやる。

posted by なすび at 21:56| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

嫌な予感

日韓合意はアメリカの強い意向があったといわれている。
合意の後、あんなに手放しに喜ばれては、「アメリカがやらせた」と思われて当然だろう。

安倍政権としても「ありもしない慰安婦強制連行」を認めて支持者に嫌われたくなかったから、それなりに頑張っていたようだ。
それを今回認めたのは、選挙に負けない感触を得たからだろう。

いままで応援してくれた保守層を裏切っても、彼らの受け皿となる保守系政党もライバル政治家もいない。
左派には受ける合意であるから問題ない。
選挙に負けないなら、「長いもの(アメリカ)に巻かれてしまえ」ということだろう。

安倍首相に限らず、日本の政治家にポリシーや信念を求めても無駄である。
国民の批判がなければ、楽な方へ、力の強い方へと流れてゆくだけだ。

しかし、アメリカは合意によって日韓の仲がよくなると思っているのだろうか。
私には嫌韓に流れた国民感情がそう簡単に変わるとは思えない。

アメリカは日本政府のコントロールはできても、日本国民のコントロールはできない。
ごり押しが過ぎると、嫌韓を通り過ぎて、嫌米に進むかもしれない。

安倍政権は通貨スワップや五輪協力などで韓国を助ける政策をするだろう。
いったん妥協を始めれば、止めどがないものである。
そして国民の気持ちは離れ、支持を失ってゆく。
彼の後を引き継ぐものは・・・橋下氏ということになるのだろうが、私には嫌な予感しかしない。

posted by なすび at 22:03| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする