2016年01月28日

国民の僕

甘利大臣が辞任するようだ。
結構なことである。
トラップであることは確かだろうが、だからといって金を受け取っていいわけではない。

政権にとっては痛手だろうが、これを機に十分反省してほしい。
日韓合意、中国への植林援助、スワップ交渉など、最近は民意を無視した独断が目立つ。
政治家、官僚は国民の僕である。
民意に反することをするときには、時間をかけ、誠意をもってその理由を説明する必要がある。

安倍首相は保守派の応援があってリベンジできたわけである。
彼自身もその立場をわきまえて、謙虚に国民の意見を聞いてきた。
が、最近は変な自信がついたのか、思い上がりが目立つ。

国民が求めているのは安倍政権ではなく、民意を反映してくれる政権である。
そのことを重々忘れないで欲しい。

日本の政治家、官僚、マスコミに信念などない。
隙あらば、楽な方へ、自分が得する方へ、そして長いものへ巻かれようとする。
彼らが勝手なことをしないように国民はしっかりと監視し、叱咤激励する必要がある。


【追記】
 安倍首相は参院選の公約に「憲法改正」を挙げた。
 この公約を日韓合意で裏切った保守派に対する懐柔という人もいる。
 別に懐柔であっても構わない。
 国民が納得する政策をしてくれればそれでいい(改憲が多数派かどうかは疑問だが)。
 政治家、官僚には「国民を裏切ったら怖い」ことを肝に銘じさせる必要がある。

posted by なすび at 22:52| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

料理ロボット

ロボット技術が進んでいる。
私が一番欲しいのは「料理ロボット」だ。

料理ロボットは自分でメニューを考える。
冷蔵室を内蔵しており、不足の食材はネットで自動発注する。
私は届けられた食材を冷蔵室に入れるだけ。

私はロボットが作った料理を食べる。
食べ終わったら皿ごと返却口に戻す。
ロボットは食べ残しをチェックして、私の好みを学習する。

皿や調理器具は自動で洗浄し、体内に保管する。
生ごみは浄化して肥料に変える。
そのとき発生したエネルギーは自身の稼働用として利用する。

以上のようなイメージだが、あれば大変便利である。
日本の会社が真剣に取り組めばできなくはないだろう。
問題は価格がいくらになるかだが・・・数百万レベルであれば考慮に値する。

posted by なすび at 03:35| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

大人しく過ごす一年

今年一年は世界的に「乱れる年」と言われている。
オバマの任期があと一年で終わるからだ。

オバマは「アメリカの若者を戦場に送らない」と言って当選した大統領だ。
実際、過去7年は戦争に消極的であった。
アメリカ国内にはその反動が溜まっている。
戦争したくてしかたがない勢力が手ぐすねを引いて待っている状態だ。
次の大統領が誰になろうと、再び好戦的な状態に戻ることは必至だろう。

反米勢力としては、アメリカが「世界の警察」に復帰するまでの一年、「やれることはやっておこう」という考えだろう。
少しでも勢力を伸ばし、来年以降のアメリカと対峙するという心構えだ。
だから、各地でテロや紛争が多発する。

ロシア、イスラム国、北朝鮮などが仮想敵国なのだろうが、一番怖いのは欧米内にいる好戦的勢力かもしれない。
いずれにしても、日本国内で大人しくしておいたほうがいい一年であることは間違いない。

posted by なすび at 21:57| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

拉致帰還の楽観的ストーリー

北朝鮮はとんでもない国だが、米と中ロの緩衝地帯として「生かされている」ことには違いない。
韓国と併合してしまえば、米側(韓国)と中ロが直接国境を接することになる。
両陣営の緊張が高まるので、お互いに「それは避けたい」ということになったのだろう。
北朝鮮は1991年に国連加盟しているから、その前に両陣営で結論がついたものと思われる。
だから、米中ロが軍事大国である限りは、北朝鮮の存続は決定事項である。

米中ロともに「北朝鮮、金王朝の存続は許すが、狼藉は自国内に止め、対外的には大人しくしておけ」というのが本音である。
北朝鮮が「生かさぬように、殺さぬように」存続してくれることが最も好ましい。
当然、両陣営は北朝鮮にそのような圧力や工作を掛け続けたものと思われる。

金王朝もそのことは了承済みのはずだ。
米中ロに頭を押さえ続けられられるが、国土と支配権を約束された。
それに満足し、もう少しマシな国作りをすればいいのだが・・・そこは朝鮮人である。
自分の立場をわきまえない、一つ貰ったら次が欲しくなる、内政を顧みず自国民を奴隷としか思わない、という悪癖がある。

そのうち、核兵器を作り、米中ロに対等を迫るだけでなく、それを販売するというビジネスまで始めた。
小火器を販売する程度であれば米中ロも黙認しただろう。
しかし、中東で紛争や世界各地でテロが起きている中、核の販売をされては困る。
どこかで不用意に核が使用される可能性が出てくるからだ。
これが現在の状況と私は理解している。

緩衝地帯としての北朝鮮は依然必要とされている。
邪魔なのは核開発・販売を行う金王朝である。
それは両陣営の共通認識といっていいだろう。

そうなれば次に起きることは・・・米中ロが陰から支える軍事クーデター。
金王朝が崩壊し、新たな(米中ロにとって扱い易い)独裁者が取って代わる。
当然、核の開発、販売はストップである。

素晴らしい。
日本が何もしなくても(できなくても)、拉致被害者は帰ってくる。
そうなることを私も願っている。


【言わずもがな】
 米中ロすべてにとって扱い易い独裁者が存在するかが最大の難関だろう。
 皆が自分に都合のよい人を推すからである。

posted by なすび at 23:12| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ヨーロッパも壊れてしまった

移民が引き起こしたケルン事件とロザラム事件 欧州で起きている現実

ヨーロッパで恐ろしい事件が起きている。
移民による集団女子暴行事件だ。

犯人の移民が恐ろしいのは当然だが、もっと恐ろしいのは政府、警察、マスコミがこの事実を隠蔽しようとしていることだ。
国民を騙して移民推進をしてきた手前、移民の犯罪がバレてはマズいのだろうか。
人道主義に凝り固まって、自国民の被害など全く気にならなくなっているのだろうか。
(日本にも同じような構図がありますな。)

自国民の人道より外国人の人道の方が大切になれば、その国はお仕舞である。
「完全に狂っている」と言わざるを得ない。

ドイツやイギリスでは事件の報道規制はまだ続いているようである。
ヨーロッパも壊れてしまったということだろう。


【追記】
 スイスやフィンランドでも同様の事件が起きているようだ。
 日本をヨーロッパのようにしてはいけない。

posted by なすび at 21:45| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする