2015年12月30日

信念なき決断

今回の慰安婦問題合意に関しては、様々な人が「背景を憶測」している。
安倍首相がまったく国民に説明しないのだから憶測しかできないのは当然である。
しかし、国民の多く関心を持っている慰安婦問題に関して、首相が会見どころか言葉も述べないのは異常である。

年末の仕事納めの日に開催したのも、韓国で行ったのも、外相が対応したのも、安倍首相が会見を避けるためだったように思える。
休暇で時間を置き、年越しすれば、国民の感情も和らぐだろう。
裏を返せば、この会合の日程が決まった時点で「妥協」も決まっていたといえる。
年内にこだわったのは、むしろ日本サイドだろう。

「韓国が嫌い、慰安婦で妥協の必要はなし」という国民は半数を超えている。
だから、今回の譲歩は国民の怒りを買うこと必至である。
それが分かっているから、綿密に計算して、首相が矢面に立つのを避けたと思える。

メディア対策もできている。
今回の合意を非難するメディアも、会見を求めるメディアもない。
念の入った話だ。

そこまで配慮して国民を抑え込んで、政権はいったい何がしたいのだろう。

信念のある決断であれば、こんな真似はしないだろう。
首相自らが会談に臨み、自らの言葉で国民に訴えるはずだ(安保の時のように)。
きっと国民に堂々と言えないような背景があると思われる。

首相の評価は当然として、自民党の支持も下がるのは理解してのことだから、はした金やはした利権が目的ではあるまい。
もっと大きな力が働いていると考えるのが自然だろう。

いずれにしても、安倍首相が以前のような求心力を持つことはないだろう。
それは国民にとっても、日本の政治にとっても、彼自身にとっても不幸なことだ。

早々に会見でつまびらかにして欲しいが、年明けに当り障りのないことを言って済ますのだろう。

posted by なすび at 13:11| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする