2015年12月28日

慰安婦をめぐる会話

【韓国】
 被害者ビジネスでもっと日本からタカりたい。
 でも、最近は日本も目覚めちゃったし、もう金がもらえないかも。
 諸外国にも嘘がバレてきたし、このまま続けるのもどうかなあ・・・。

【日本】
 もう韓国なんてどうでもいいや。
 でもゴチャゴチャ言われるのはうっとうしい。
 当面静かにしてくれるなら、多少配慮してもいいよ。

【アメリカ】
 私の同盟国同士が争っているのは問題だ。
 仁徳ある私が仲介して仲良くさせよう。
 私にはその力がある。

【日本】
 アメリカが煩いから、適当に仲直りしたフリをしないか。
 文言はお互いのメンツが潰れない表現でいいだろう。

【韓国】
 了解。
 あと通貨スワップや投資なんかもヨロシク。

【日本】
 それはどうかな・・・。


今回の慰安婦問題締結の背景はこんな感じかと勝手に推察している。

内容も文言も河野談話とほぼ同じとのことである。
河野談話は「強制性」は認めていないが、「軍の関与」は認めている。
だから、それを継承している安倍政権としては、「軍の関与」は使ってもいい言葉という判断なのだろう。
(日本人としては使って欲しくない言葉だ。)

韓国も「もう蒸し返しません」と表明し、文書化もされるから、当面政府として表立った活動はできないだろう。
日本も韓国の約束など信用していないが、アメリカの顔を立て、しばらくの安寧が得られるなら10億は安いという判断なんだろう。


【後記】
 私は河野談話に納得していないし、現政権がそれを継承していることも嫌だ。
 だから、河野談話を上書きする今回の解決は不快である。
 論理的には整合性があるのだろうが、そこには日本人の感情がまったく入っていない。

posted by なすび at 20:57| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする