2015年12月18日

環境ビジネスに協力しない

地球は温暖化している。
それは人間が排出するCO2が原因である。
だからみんなでCO2を減らしましょう。

というような取り決めがパリのCOP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)でされた。

しかし、「地球温暖化」も「主因がCO2であること」も大半の学者が提言する説ではない。
学者の間で賛否両論あるというのが実際だ。

それならなぜ多くの国々が集い、取り決めがされたのか。
ゆわゆる「環境ビジネス」である。
CO2削減は金儲けに繋がるから、そこに国連、学者、企業が群がって、反対意見を排除し、プロパガンダしているということだろう。
慰安婦問題と同じ構造である。

私も地球に住む一員だから、「温暖化」「主因がCO2」が定説になれば協力することにやぶさかではない。
しかし、原因がはっきりしていない現状では、彼らを儲けさせるために無駄な労力を払うつもりはない。
石油も安くなったから好きなだけドライブするし、電気も使いたいだけ使うつもりである。
もちろんエコをうたう割高な製品は絶対に買わない。

posted by なすび at 19:52| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする