2015年12月30日

信念なき決断

今回の慰安婦問題合意に関しては、様々な人が「背景を憶測」している。
安倍首相がまったく国民に説明しないのだから憶測しかできないのは当然である。
しかし、国民の多く関心を持っている慰安婦問題に関して、首相が会見どころか言葉も述べないのは異常である。

年末の仕事納めの日に開催したのも、韓国で行ったのも、外相が対応したのも、安倍首相が会見を避けるためだったように思える。
休暇で時間を置き、年越しすれば、国民の感情も和らぐだろう。
裏を返せば、この会合の日程が決まった時点で「妥協」も決まっていたといえる。
年内にこだわったのは、むしろ日本サイドだろう。

「韓国が嫌い、慰安婦で妥協の必要はなし」という国民は半数を超えている。
だから、今回の譲歩は国民の怒りを買うこと必至である。
それが分かっているから、綿密に計算して、首相が矢面に立つのを避けたと思える。

メディア対策もできている。
今回の合意を非難するメディアも、会見を求めるメディアもない。
念の入った話だ。

そこまで配慮して国民を抑え込んで、政権はいったい何がしたいのだろう。

信念のある決断であれば、こんな真似はしないだろう。
首相自らが会談に臨み、自らの言葉で国民に訴えるはずだ(安保の時のように)。
きっと国民に堂々と言えないような背景があると思われる。

首相の評価は当然として、自民党の支持も下がるのは理解してのことだから、はした金やはした利権が目的ではあるまい。
もっと大きな力が働いていると考えるのが自然だろう。

いずれにしても、安倍首相が以前のような求心力を持つことはないだろう。
それは国民にとっても、日本の政治にとっても、彼自身にとっても不幸なことだ。

早々に会見でつまびらかにして欲しいが、年明けに当り障りのないことを言って済ますのだろう。

posted by なすび at 13:11| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

慰安婦をめぐる会話

【韓国】
 被害者ビジネスでもっと日本からタカりたい。
 でも、最近は日本も目覚めちゃったし、もう金がもらえないかも。
 諸外国にも嘘がバレてきたし、このまま続けるのもどうかなあ・・・。

【日本】
 もう韓国なんてどうでもいいや。
 でもゴチャゴチャ言われるのはうっとうしい。
 当面静かにしてくれるなら、多少配慮してもいいよ。

【アメリカ】
 私の同盟国同士が争っているのは問題だ。
 仁徳ある私が仲介して仲良くさせよう。
 私にはその力がある。

【日本】
 アメリカが煩いから、適当に仲直りしたフリをしないか。
 文言はお互いのメンツが潰れない表現でいいだろう。

【韓国】
 了解。
 あと通貨スワップや投資なんかもヨロシク。

【日本】
 それはどうかな・・・。


今回の慰安婦問題締結の背景はこんな感じかと勝手に推察している。

内容も文言も河野談話とほぼ同じとのことである。
河野談話は「強制性」は認めていないが、「軍の関与」は認めている。
だから、それを継承している安倍政権としては、「軍の関与」は使ってもいい言葉という判断なのだろう。
(日本人としては使って欲しくない言葉だ。)

韓国も「もう蒸し返しません」と表明し、文書化もされるから、当面政府として表立った活動はできないだろう。
日本も韓国の約束など信用していないが、アメリカの顔を立て、しばらくの安寧が得られるなら10億は安いという判断なんだろう。


【後記】
 私は河野談話に納得していないし、現政権がそれを継承していることも嫌だ。
 だから、河野談話を上書きする今回の解決は不快である。
 論理的には整合性があるのだろうが、そこには日本人の感情がまったく入っていない。

posted by なすび at 20:57| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

それだけのこと

群馬県に大泉という町がある。
人口は4万人、なんとその16%が外国人だ。

ブラジル人が多いらしい。
顔つきは日本人と違うから、16%もいたら町中「外人だらけ」という印象だろう。

出稼ぎ南米人など危険な感じがする。
実際に犯罪発生率は群馬県で1位のようだ。
私が住民なら、すぐ他所に移住する。

外国人の生活保護受給率も受給者の30%と、人口比の倍である。
外国人が財政、犯罪の両方で大泉町を圧迫している。

憲法では外国人の生活保護は認めていない。
が、自治体が裁量で受給することは許している。
裏を返せば「大泉町としては町民の負担が大きくなり過ぎるので、外国人には生活保護を出しません」という判断をしてもいいことになる。

なぜしないのだろう・・・不思議だ。

そうすれば貧乏外人は他所の町に出ていくだろう。
犯罪を犯すのは貧乏外人が多いだろうから、金も浮き、犯罪も減り、一挙両得である。

当然、他所の市町村も同じようにするだろう。
結果として、日本から不良外人がいなくなるということになる。
誠に結構である。

町長もいろいろ対応に苦慮しているようだ。
町民も嫌な思いをしているだろう。

悩んでいてもしかたがない。
私のように逃げ出すのが嫌であれば、町長および町民は行動を起こすべきだろう。

外国人の生活保護を止める・・・それだけのことである。

posted by なすび at 12:20| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

「解決済み」のはずだが

岸田外相が年末に韓国を訪問するそうだ。
安倍首相の肝いりで、慰安婦問題解決の交渉をするらしい。

おかしいな。
慰安婦問題は日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」ではなかったのか?

日本として解決済みのスタンスなら、なぜ韓国まで行って交渉する必要があるのだろう。
相手が訪ねて来たら、一応話を聞いて、「解決済みです」と回答すればいいだけである。

日本政府は韓国がゴールポストを動かすと言っているが、動かされたポストに向かってボールを蹴っては駄目だろう。
それ自体が相手のゲームにのったことになる。
日本は何もする必要はないのである。

政府内でどのようなパワーゲームが行われているかは分からない。
アメリカからの圧力があるのかもしれない。
安倍首相も諸勢力に抗しがたく、しかたなくやろうとしているのかもしれない。
意外や意外、自らの意志かもしれない。
結果も日本にとって有利になるかもしれない。
まったくわからない。

しかし、国の外交施策としては罰点であることは違いない。
「解決済み」と言いながら、「解決済みでない」ことを自らの行動で示しているからである。

posted by なすび at 18:44| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

共産党の決断

共産党の議員は1947年以来、国会の開会式に出席していない。
理由は天皇陛下が臨席されるからである。
党として天皇に否定的な考えを持っているのだろう。

ところが、来年からは出席に転じるようである。
70年ぶりのことだ。
やっぱり戦後も終わったのかな。

出席する理由は「この三十数年は儀礼的、形式的な発言が慣例として定着したと判断できる」などとわけの分からない言い分である。
要は、その方が得だと判断したのだろう。

民主党がだらしないから、うまくやれば野党第一党になれるかも・・・。
そうであれば、国民の大多数が敬愛する皇室を否定するのは得策ではない。
党是はいったん置いておいて、ソフト路線、大衆路線をさらに進めよう、ということだと思う。

もちろん、今後の日本で極左路線は成り立たないという現状認識があるのだろう。
また、中国経済が悪いから、中国からの支援は期待できないという背景もあるだろう。
(日本の左翼活動に中国から金が流れているのは公然の秘密である。)

共産党はいままで政党助成金をもらってこなかったことを誇りにしているが、今後はもらわないと活動が維持できないかもしれない。
その時の弁明のため、タガをひとつ外しておくか、と考えたのかももしれない。

万年野党でよければ極左でも構わない。
一定数の偏った支持者はいるだろう。
しかし、ある程度多数派の支持が欲しければ、極左を捨てて中道に近づくしかない。
日本人の多数が中道だからである。

いずれにしても、極左では立ち行かない時代になったことは間違いない。
普通の日本人にとっては結構なことである。

posted by なすび at 21:58| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする