2015年11月18日

シリアに関する私の理解

中東シリアには三つの勢力がある。
アサド政権、反政府勢力、イスラム国である。
アサド大統領はシリア国民の多数が支持している正規政権である。
反政府勢力は外国人も混じっており、アサドと敵対している。
イスラム国は・・・よく分からないが、状況次第でアサドと敵対したり、協力したりしているようだ。

アメリカはイスラム国を叩くという名目でシリアを空爆している。
しかし、本当は反政府軍を支持し、アサド軍を叩いているらしい(はっきりしない)。
目的は産油国のシリアを混乱させ、石油利権を握ることらしい(はっきりしない)。
中東でアメリカが行ういつものパターンではある。
アメリカの空爆はアサド政権の依頼も、国連の承認も受けていないから、勝手に他国を侵略していることになる。

ロシアもイスラム国を叩くという名目で空爆を開始した。
しかし、本当は反政府軍を叩いているらしい(はっきりしない)。
目的はアサドに恩を売って、石油利権を握ることらしい(はっきりしない)。
ロシアの空爆はアサド政権の依頼を受けているので、一応正当性はある。

さて、今回テロにあったフランスは・・・おそらくアメリカパターンだったと思われる。
シリアはフランスの旧植民地だったから、何らかの利権を維持したいと思っても不思議ではない。
しかし、このテロでスタンスは変わったと思われる。
利権より、まず復讐である。

ということで、裏の狙いはさておき、当面は各国、真面目にイスラム国を叩くだろう。
そのあとは、どうなるかわからない。

以上が、私のシリアに関する理解だが、不明な点があれば、ぜひご教授願いたい。

posted by なすび at 23:22| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする