2015年11月14日

フランスのテロについて

フランスでイスラム系によるテロがあったようだ。
100人以上の死者を出している。

最近フランスでテロの話をよく聞く。
ISの主要ターゲットになっているのだろう。

フランスは現在ISの空爆を行なっているだけでなく、過去は中東・北アフリカに植民地を持っていた。
過去の支配は過酷なものだったろうし、利権は現在も継続しているだろう。
英米仏は伝統的にイスラム圏の人に憎まれているのだ。

現在のフランスはイスラム系の国民が多いようだ。
彼らに対する扱いも、いまひとつ寛大でないようである。
この辺が、イギリスに比べフランスでテロが起きやすい理由かもしれない。

私はテロに組するものではないが、「自業自得」という感は否めない。
白人は自分たちの利益のために他人種の国に攻め込み、過酷な支配を続けた。
戦勝国の英米仏は現在も基本姿勢を変えていないだろう。
ある意味「憎まれて当然」である。

しかし、白人は好戦的で、狡賢い。
まともな戦争では彼らに勝つことは難しい。
日本もやられた口だ。

このまま永久に白人支配が続くかと思われるが、近年彼の国では非白人が増えているようである。
そのうち非白人の方が多くなるかもしれない。
そうなれば、攻撃性も下がり、少しは穏やかになるかもしれない。
ヨーロッパに行っても色の黒い人ばかりであれば何だかがっかりではあるが、世界が平和になるのであれば、それはそれで結構である。

posted by なすび at 11:20| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする