2015年11月06日

三島事件について

1970年11月25日、三島由紀夫と彼に賛同する楯の会のメンバー4名が市谷の自衛隊駐屯地を訪ねた。
総監を監禁し、脅迫し、隊員をバルコニー前に集めさせ、憲法改正の決起を促す演説を行なった。
その後、割腹自決をし、メンバーのうち1名がそれに殉じた。
世に言う「三島事件」である。

ちょうど日本が世界第2位の経済大国になった頃で、国民の多くが敗戦を忘れ、平和と繁栄を享受したいと思っていた。
自衛隊員も例外ではない。
彼らも現代以上にサラリーマン化していたに違いない。
果たして隊員は決起することもなく、三島事件は天才の奇矯な行動として片付けられた。

決起の一週間前の三島のインタビュー録音が残っている。
約一時間に亘り、文学や思想について語っている。

私は繰り返し聞いてみたが、やはり頭のいい人だ。
論旨も明晰で、45歳の成功者に相応しい自信と落ち着きがあり、一週間後にあんな奇矯な事件を起こすとはとても思えない。
二、三、事件を臭わせるような箇所もあるが、「ちょっと世を騒がせるかなあ」という程度の感覚で、割腹自決を決意しているとは思えない。

私は何だかとても残念な気がしてきた。
三島事件から45年経っているから、もし事件がなくても今は生きてはいまいが、80年代、90年代の彼の話を聞いてみたかった。
彼がその時代をどのように生き、語るのかを見てみたかった。
日本文学界の最後のカリスマだったからである。

私は漠然と楯の会のメンバーは三島と同世代だと思っていた。
ところが、実際は20代前半の若者であった(メンバーは全員で約100名)。
三島に殉じたのも25歳の青年である。
45のおっさんと25の若者が一緒に自殺したことになる。
普通に考えれば、おっさんが前途ある若者を道連れにしたことになるのだが、若者が三島を道連れにしたという説もあるから奥深いものだ。

posted by なすび at 22:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする