2015年10月31日

政治雑感

ブログ村の政治カテゴリを見ているが、最近盛り上がりに欠ける気がする。
安保法案時には随分と盛り上がっていたのだが・・・もう勝負がついてしまったからだろうか。

「中道VS左翼」案件としては、沖縄問題などあるが、いまひとつパッとしない。
左翼に元気がないから、中道も対抗する必要がないのだろうか。

「左翼=マスコミ=中韓=反日」という図式が一般人にも広がりつつある。
左翼シンパは老人が多いから、あと10年もすれば死に絶えるだろう。
在日はマイナンバーで資金を押えられた。
マスコミは商売だから、左翼が減れば中道番組を放送するしかない。
中韓は反日路線を変えることはないが、基本ゆすり目的だから、金を渡さなければトーンダウンする。
まあ、それだけのことだ。

沖縄も典型的な左翼活動で、目的は補助金である。
それに中韓が便乗して、沖縄米軍の追い出し活動をしているだけ。
そういうことも、少しづつ知られてきている。
少なくとも普通の人は沖縄知事を変と感じている。

今後の焦点は南沙諸島での米中の紛争だ。
中国は国際的な支持を得られないだけでなく、軍事的にもまったくアメリカには敵わない。
「人工島建設の凍結」を宣言せざるを得ないのだが、そうなれば共産党政権は弱体化する。
個人的には、米軍に人工島が徹底的に破壊される姿を見てみたい。
中国には早々に折れるのではなく、突っ張って、口先だけでないことを示して欲しいものだ(できるかな)。

韓国と首脳会談をするようだが、何の進展もないのが最良である。
どうでもよ過ぎて話題にもならない感じだ。

posted by なすび at 11:05| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする